未分類 2013年04月23日09時59分

島田珠代が2度目の離婚 長女の親権は父側に


 吉本新喜劇の島田珠代(42)が、3月上旬に名古屋のテレビ局制作スタッフ男性(40)と離婚していたことが22日、わかった。

 2人は05年に知り合い、07年8月に結婚。08年に第1子となる長女が生まれたが、島田は所属事務所を通じて、「お互い忙しく、すれ違いが多くなり、別々に歩んでいこうということになりました」と、離婚の理由についてコメントした。

 23日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ各紙が報じており、島田は98年に所属事務所の社員と結婚したが、05年に離婚しており、今回でバツ2。長女の親権は父側が持つ。