社会 2020年04月08日11時09分

N国・立花孝志党首を威力業務妨害などの疑いで書類送検


 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、受信料の契約者情報を不正に取得してインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして、7日、警視庁に威力業務妨害などの疑いで書類送検された。

 同日、NHKが報じており、立花党首は去年9月、都内で受信料の契約・収納業務の委託先会社の元社員に専用端末を操作させて画面を撮影し、受信料の契約者情報19世帯分を不正に取得したとして不正競争防止法違反の疑いが持たれている。警視庁は先月14日、千葉県船橋市の党の事務所や都内の関係先などを一斉に捜索し、捜査を進めてきた。

 さらに去年11月、NHK会長に面会させなければ契約者情報をインターネット上に拡散させると脅し、NHKの業務を妨害したとして、威力業務妨害の疑いが持たれている。

 また、委託先会社の26歳の元社員も立花党首に契約者情報を不正に見せたとして、書類送検された。

 調べに対し、立花党首らは容疑を大筋で認めているとのこと。