芸能事件 2019年02月26日11時01分

新井浩文被告の弁護人が保釈申請 女性に暴行容疑


 女性に性的暴行を行った罪で21日に起訴された俳優の新井浩文被告(40、本名・朴慶培)について25日、弁護人が保釈を申請した。

 同日、フジテレビが報じており、新井被告は2018年7月、東京・世田谷区の自宅で、出張マッサージの女性従業員に対し、頭を押さえつけるなどして性的暴行を加え、強制性交等の罪に問われている。

 東京地裁は申請を受け、検察官の意見を聞くなどの手続きを行い、保釈を認めるかどうか決定する見通しだという。東京地裁が保釈を認め、保釈保証金が納付されれば、新井被告は2月1日の逮捕以来、保釈されることになる。