お笑い 2015年05月14日22時44分

大和悠河“シンデレラ”から宝塚時代彷彿の男装姿!エスコート3つのポイントとは?


大和悠河“シンデレラ”から宝塚時代彷彿の男装姿!エスコート3つのポイントとは?

大和悠河(右)が男装姿を披露!

 元『宝塚歌劇団』宙組男役トップスターで女優・大和悠河(37)が14日、都内で映画『シンデレラ』(監督:ケネス・ブラナー/配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)に関連した『あなたのシンデレラ川柳コンクール表彰式』に、お笑いコンビ『ピース』又吉直樹(34)とともに登場した。

 大和はきらびやかなブルーの“シンデレラ”のドレスを着こなして現れ、場内からため息が漏れることに。大和は「シンデレラが大好き!本当にうれしい」と、大はしゃぎ。

 一方、又吉は普段とは違う雰囲気に戸惑いを見せ、「自分では王子的と思っていたが(大和の)シンデレラ姿のクオリティの高さに、恥ずかしさを感じる」とコメントし、笑いを取ることに。

 今回のコンクールに合わせ2人もシンデレラをテーマにした川柳を作成。『シンデレラ 心の中は 王子様』と読み上げた大和は、その心を「シンデレラは女性の憧れだが、15年間宝塚で男役をしていたので、なぜか無意識のうちに心が男になってしまう気持ちを唄った」と、率直な心情を吐露。

 又吉は『きみ宛に 指紋認証 付きの靴』とひねりの効いた句を読み上げ、「劇中のシンデレラは自分で未来を切り開くので、結ばれたい人に自分から靴を送ればいい。間違いの無いように『指紋認証をつけて!』」と、またもうまくお笑いに持っていったが、MCから「それ、又吉さんが受け取ったらどうしますか?」との問いに、「宛名がなかったら、ただただ恐怖に震えますよね?」と、ツッコミが入っていた。

 イベントは受賞者の発表が続き、美しいドレスから金色のパンツとスターブーツに身を包んだ華やかな男装姿に変身した大和が再登場!又吉が「お金持ちの王子様と、貧乏な王子みたい」と、大和との差を目の当たりにし苦笑いを浮かべる。宝塚時代を彷彿とさせる、まさに“王子”の大和から受賞者をエスコートすると聞かされた又吉は「やったことがない」と自信がない様子。そこで、大和から3つのポイントを伝授!

 (1)階段を上るときは、膝を付き手を差し伸べる!(2)上がったら手を取り、相手を回転させ腰に手を当てグイ!っと引き寄せる!『腰グイ!!』(3)互いに目を見つめあい、ポーズを決める!(見つめ合う時の間が大切!)というポイントを教えられた又吉はいざ実践!緊張からぎこちない様子だったが、実際にエスコートしてもらった女性からは「素敵でした!優しくしていただいて嬉しかったです!」と、絶賛された又吉は照れた様子だったが「見つめ合ったが、目が全然合っていなかった」と、どこか残念そうな様子も。しかし、大和からは優しさが溢れていてよかったと褒められていた。

 映画『シンデレラ』は絶賛公開中!

 ※記事内写真は©2015Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 

大和悠河“シンデレラ”から宝塚時代彷彿の男装姿!エスコート3つのポイントとは?