宝塚歌劇団 2015年04月24日21時20分

宝塚歌劇団「花組」芹香斗亜が阪急交通社のイメージキャラクター就任!初の男役で起用


宝塚歌劇団「花組」芹香斗亜が阪急交通社のイメージキャラクター就任!初の男役で起用

芹香斗亜(右)が阪急交通社のイメージキャラクターに就任!

 宝塚歌劇団『花組』の芹香斗亜(せりか・とあ)が今年5月11日より阪急交通社の新イメージキャラクターを務めることが20日、発表された。

 同社のイメージキャラクターは、1991年より宝塚歌劇団の団員を起用。今回で7代目となり、初めての男役によるイメージキャラクターとなる。

 芹香は、2007年に第93期生として宝塚歌劇団に入団。同3月星組公演『シークレット・ハンター』で初舞台を踏むと、以後、星組に配属され、10年『愛と青春の旅立ち』で新人公演初主演。12年花組に組替え後、『フォーエバー・ガーシュイン』で宝塚バウホール公演初主演を務めるなどしており、演技力、歌唱力に定評がある。今後一層の活躍が期待される花組の男役であることから、起用が決定した。

 今後は、新聞広告をはじめ、毎月発行する旅行情報誌『トラピックス倶楽部』や旅行ウェブサイトなどさまざまな媒体で積極的に展開し、同社の商品をアピールし、認知度向上を図っていく。