声優 2015年03月08日16時40分

【声優アワード】戸松遥「妖怪ウォッチ」ケータ役は「本当に人生の宝物」!小桜エツ子万感の涙


 『第九回 声優アワード』授賞式が7日、都内で開かれシナジー賞に輝いた『妖怪ウォッチ』からケータ役・戸松遥、ウィスパー役・関智一、さらに、本作品のジバニャン役でキッズ ファミリー賞を受賞した小桜エツ子が登壇した。

 本賞は、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設。声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としている賞となる。

 ケータとジバニャンも会場に駆けつけるなかトロフィーなどが受賞。小桜は、会場内で流れたVTRを観て涙ぐみ、ジバニャンに励ましてもらいながらのスピーチとなり、「昨年は、『妖怪ウォッチ』とジバニャンにたくさんの夢を見せてもらいました。その夢が子どもたちにも届いて、このような素敵な賞を頂けたと本当に誇りに思っていますし、責任も感じております。エンターテインメントには夢があるというのを、伝えていけたらと思います」と、万感の思いを。

 さらに赤のドレス姿で登壇した戸松。シナジー賞を代表して「『妖怪ウォッチ』という作品が昨年度からテレビアニメで始まりましたが、子どもたちやすごくたくさんの人に愛される作品になってくれたことを、心から嬉しく思っています。私にとってこの1年間は怒涛でして、そのなかでケータに出会えたこと、本当に人生の宝物だなと思っておりますし、きょうここに登壇していないほかのキャストのみなさまだったり、スタッフのみなさまだったり、みなさまのおかげで受賞できた賞だと思っております。“妖怪のしわざ”ではなく、みなさまと一緒に獲ることができて嬉しかったです」と、感想を語っていた。