声優 2015年03月08日16時20分

【声優アワード】[新人賞]上田麗奈「自分の嫌いな部分」生かせると万感!演じる役柄の広さに今後を期待


 『第九回 声優アワード』授賞式が7日、都内で開かれ新人賞を受賞した声優・上田麗奈が登壇した。

 本賞は、その年度に「最も印象に残る」声優や作品を対象に、その業績を称える本格的な「声優を対象とするアワード」として2006年に創設。声優を表彰するものとしては業界最大の舞台を提供し、声優地位の向上に寄与することを目的としている賞となる。

 上田はテレビアニメ『ハナヤマタ』のヒロイン・関谷なる役や『てさぐれ!部活もの』の園田萌舞子役などを演じ「等身大の自然な演技やアドリブの利いたコミカルな演技など演じる役柄の広さに今後の活躍が期待される」ことから、今回の受賞となった。

 白のドレス姿で登壇した上田は、「このたびは、このような賞を頂くことができて、とてもありがたく、嬉しく思っております。私は、自分のことがずっと好きではありませんでした。すごく、自分の好きなところも嫌いなところもあって、でも、この仕事を始めて、そんな自分の嫌いだなって思っているところも生かせるんだなと。必要としてもらえる場所ができたんだなというのがすごく嬉しくて。だから、1秒でも長くこの場所にいられるように、日々、これからも1つ1つ頑張って行きたいと思います」と、思いの丈を語っていた。

 ほか、新人賞受賞者には斉藤壮馬、逢坂良太、花江夏樹、雨宮天、洲崎綾が輝き登壇となった。