テレビ 2015年02月23日16時46分

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔


剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

剛力彩芽が陣内孝則からの“壁ドン”を語った

 女優・剛力彩芽(22)、俳優・村上弘明(58)、陣内孝則(56)が23日、東京・テレビ東京天王洲スタジオ内で3月25日に放送される同局開局50周年特別企画 松本清張『黒い画集 ―草―』(午後9時~)会見に登場し、司会は同局の中川聡アナウンサー(35)が務めた。

 作家・松本清張が1960年に発表した病院を舞台にした医療サスペンス中編小説を同局50周年期間を締めくくる特別番組として制作。地域に評判の良かった病院に渦巻く不倫、医療問題、殺人などが描かれるサスペンス作品。剛力は村上演じる薬の飲み過ぎで病院に入院したスコッチ出版社編集長・沼田一郎の娘・村上亜衣を演じているのだが、その「お父さん」と言う姿にはどこかに違和感があり実はちょっとした秘密が隠されており…。

 テーマソングとなっている『三代目 J Soul Brothers』今市隆二(28)の歌う『All LOVE』の流れる中、会見場に登場した3人。初サスペンス作品へ登場となる剛力。「初めて松本清張さんの作品に参加させて頂いて、すごく緊張もあり役を作ることの難しさを経験させて頂きました。素敵なお2人との共演を通して、あらためてたくさんお芝居の勉強になりましたし、まだまだ未熟だなと感じるところもありましたが、ワクワクドキドキするドラマに仕上がっていると思います」と、作品へ自信を見せることに。

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

 

 亜衣を演じるに当たって、剛力にとって初挑戦なことも含んでいるのだが、“秘密”を抱えているだけあって、「お芝居の中でお芝居をするというのが難しくて、どこまでやればいいのかなとか、どういう表情のやったほうがいいのかなというので考えながらやらせていただきました」と、難しい部分もあったのだとか。

 さらに、劇中、陣内演じる刑事からは「壁ドンして頂いている」という剛力。「嬉しい感じですが、迫力があって、いろんな意味でドキドキしてました(笑)」と、意味深な発言が飛び出すと、当の陣内は、「昨年の11月に撮影した頃にマスコミさんの間でも、壁ドンが流行っていましたよね。それで撮影中に恋愛感情ではない“壁ドン”をやってみせたらはやりまして。その“壁ドン”をきっかけに壁ばかり叩くことになって手が痛かった(笑)」と返答し、この“壁ドン”も見どころになりそうな感じを見せていた。

 テレビ東京開局50周年特別企画 松本清張『黒い画集 ―草―』は3月25日午後9時より放送!

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

剛力彩芽

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

村上弘明

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

陣内孝則

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

 

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔

中川聡アナウンサー

剛力彩芽 陣内孝則から“壁ドン”に「いろんな意味でドキドキ」と意味深笑顔