声優 2013年10月17日22時37分

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも


【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも

岡本信彦がTIFFグリーンカーペットへ登場した

 声優・岡本信彦が17日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催された『第26回東京国際映画祭』グリーンカーペットを闊歩した。

 岡本は11月9日公開のアニメーション『サカサマのパテマ』(監督:吉浦康裕)で登場。吉浦監督が、『イヴの時間』に続いて、原作・監督・脚本を務めて制作するアニメーション映画で、岡本はエイジ役の声を当てた。

 岡本はブルーネクタイにグレーのスーツを合わせて登場。初の東京国際映画祭のグリーンカーペットとあって、少し硬めの表情で歩く様子も。それでも、報道陣からの声がけに慣れてきて緊張もほぐれたのか、時折にこやかにほほ笑む姿も観られた。

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも

少し緊張気味な様子も

 ほか、藤井ゆきよ、吉浦康裕監督、制作プロデューサーの稲垣亮祐氏、美術監督の金子雄司氏、作画監督の又賀大介氏とともに登場した。

 カーペットを歩き終えた藤井は、「緊張しましたが、とても楽しかったです。まさかこんな華やかな場所に参加できるなんて夢にも思っていなかったので、本当に嬉しかったです。ファンの方から花束までいただいて、勇気づけられました」と映画祭の熱気に大興奮。また岡本は、「グリーンカーペットのことは以前から聞いてはいたのですが、まさか自分が声優として参加できると思っていなかったです。日本のアニメは世界に通用する文化なのでこれからも『サカサマのパテマ』の、そして更にアニメの素晴らしさを伝えていけたらと思います」と、思いを馳せていた。

 本作は11月9日より公開予定!

 ■STORY
 夜明け直前の“空”を見上げる少年、エイジ。彼の住むアイガでは、「かつて、多くの罪びとが空に落ちた」と“空”を忌み嫌う世界であった。そこに、突然現れた“サカサマの少女”。彼女は、必死にフェンスにしがみつき、今にも“空”に落ちそうな様子を見せる。

 彼女の名前はパテマ。地底世界から降ってきた。エイジが彼女を助けようと手を握った時、彼女に引っ張られるように2人は空へ飛び出す。恐怖に慄くパテマと、想像を超える体験に驚愕するエイジ。この奇妙な出会いが封じられた<真逆の世界>の謎を解く、禁断の事件となり…。

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも

藤井ゆきよ

【TIFF26】岡本信彦 初グリーンカーペット闊歩!ときおりほほ笑みも