アーティスト 2013年08月25日21時02分

アニサマ『Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-』最終日公演は豪華コラボ連発!2014年も8月29~31日で3DAYSを予告


アニサマ『Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-』最終日公演は豪華コラボ連発!2014年も8月29~31日で3DAYSを予告

アニサマ最終日公演が開かれた

 “アニサマ”の愛称で親しまれているアニメミュージックの祭典『Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-』最終日公演が25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開かれた。

 昨年は2日間で5万人を動員していたが、今年は3日間公演となり、その熱い夏の終わりを告げる最終日。

 オープニングのアーティスト紹介のアニメーションは宇宙戦艦のような船が宇宙を航海していくという広がりを感じさせるものに。

 水樹奈々と宮野真守による豪華コラボで幕を開け、続けて後ろから這いより隊Gによる『太陽曰く燃えよカオス』『恋は渾沌の隷也』と、会場が合いの手を入れ一体でノリノリになれる曲が続いた。

 野水いおり自身のMVに合わせ、セグウェイに乗って現れる。『SAVE THE WORLD』を歌唱しながらセグウェイを華麗にさばく運転技術を見せ、MCでは相当に練習したことを明かしながら「みんなをビックリさせられて嬉しかったです!」と、満面の笑みを見せる。野水の見せ場はそれだけではなく、黒崎真音とコラボし名作『スレイヤーズ』から『Get along』を、最初のセリフ入りで歌唱し、往年のファンを沸かせていた。

 演出面では、富永TOMM弘明による、『ジョジョ~その血の運命~』が光り、合唱団を引き連れて壮大な感じを演出。富永のパワフルな歌声に、場内は真っ赤なサイリウム一色。これに合唱団も荒ぶり、サビの部分では一斉に手を振り上げる。

 そして、富永のスピーチが始まり「私はこのステージに立つまでに、人やチャンスに巡りあってきた。そのことにまず感謝する。もちろん君たちに出会えたことを嬉しく嬉しく思っている。ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーの物語に出会ったこともその1つだ。私は彼らの鼓動を感じ、それが今も脈々といまも高鳴っているのを感じている。さあ、諸君はどうだ!?その鼓動は脈打っているのか?その波動は伝わっているのか!?この物語はまだまだ続くぜ!」と、意味深なセリフを残しその場を後に。その瞬間、テレビアニメ版『ジョジョの奇妙な冒険』の最終話が流れ出し、ジョセフ・ジョースターがウォークマンで音楽をかけた瞬間の映像に合わせCodaによる『BLOODY STREAM』の歌唱につながるという熱い展開となった。

 休憩を挟んだ後半のトップに現れたのは、ST☆RISHの、寺島拓篤、鈴村健一、谷山紀章、
宮野真守、諏訪部順一、下野紘、鳥海浩輔の7人。この時ばかりは、男性ファンより女性ファンの黄色い声がそこかしこで上がる。『マジLOVE2000%』を歌唱すると、寺島が、「2000%の応援ありがとうございます!」と、お礼を。鈴村は少々噛んでしまい、はにかみながら言い直すこととなったが、「歌って踊っていい1日にしましょう!」と、呼びかける。さらに、鳥海が演出で下野をスルーしようとしたが、これを何も知らない下野がうまく潰すという一幕もあった。

 続けて喜多村英梨が「これからはキタエリのターンだ!」と飛び出してきて『Birth』とまだ音源化されていない『Sha-le-la』を歌唱すると、そこになぜか小松未可子が再登場!小松のデビュー曲『Black Holy』と喜多村の持ち歌『Happy Girl』をそれぞれ声を合わせてコラボ歌唱を見せていた。

 さらにコラボは続き、黒崎真音による静まった場内にアカペラで歌い出した『君と太陽が死んだ日』の後、いとうかなこによる『暁の車』の歌唱が始まる。場内はどよめくなか、途中から南里侑香が現れ、2人でステージをゆっくりと闊歩するとハーモニーを奏で、いとうは南里の持ち歌の同曲を練習した際に、「涙が出ました」と、感想を漏らすと、南里も「アニサマに出演した時に初めて歌ったのが暁の車でした。ステージからせり上がってきたのが思い出深いです」と、振り返っていた。

 その後は宮野、スフィア、田村ゆかり、トリは水樹奈々と豪華ラインアップで一気に駆け抜けアンコール後の『The Galaxy Express 999』は南里による歌い出しから全アーティスのコラボ歌唱となり、全43パフォーマンスで終演となった。キャストが全員降壇した後、2014年8月29~31日に同所で『Animelo Summer Live』が開催することも発表。また、今年9月にもNHK BSプレミアムとのコラボ企画があることなども告知された。

 ■アニサマ3日目のセットリスト
 M1:オルフェ → SCARLET KNIGHT(水樹奈々&宮野真守)
 M2:太陽曰く燃えよカオス(後ろから這いより隊G)
 M3:恋は渾沌の隷也(後ろから這いより隊G)
 M4:ライスとぅミートゅー(竹達彩奈)
 M5:SAVE THE WORLD(野水いおり)
 M6:Black White(野水いおり)
 M7:Get along(野水いおり&黒崎真音)
 M8:§Rainbow(i☆Ris)
 M9:Baby Sweet Berry Love → Raise(小倉唯)
 M10:ウェィカッ!! → Shiny Blue(ゆいかおり)
 M11:シロイカラス(鈴村健一)
 M12:ポジディヴマンタロウ(鈴村健一)
 M13:終わらないメロディーを歌いだしました。(小松未可子)
 M14:夏至の果実(小松未可子)
 M15:鏡のデュアル・イズム → 100%サイダーガール(petit milady)
 M16:トポロジー(いとうかなこ)
 M17:あなたの選んだこの時を(いとうかなこ)
 M18:美しき残酷な世界(日笠陽子)
 M19:ジョジョ~その血の運命~(富永TOMM弘明)
 M20:BLOODY STREAM(Coda)
 M21:マジLOVE2000%(ST☆RISH)
 M22:マジLOVE1000% -RAINBOW STAR ver.-(ST☆RISH)
 M23:Birth(喜多村英梨)
 M24:Sha-le-la(喜多村英梨)
 M25:Black Holy → Happy Girl(小松未可子&喜多村英梨)
 M26:UNDER/SHAFT(黒崎真音)
 M27:君と太陽が死んだ日(黒崎真音)
 M28:暁の車(南里侑香&いとうかなこ)
 M29:Mother land(南里侑香)
 M30:BLOODY HOLIC(南里侑香)
 M31:カノン(宮野真守)
 M32:ULTRA FLY(宮野真守)
 M33:GENESIS ARIA(スフィア)
 M34:Pride on Everyday(スフィア)
 M35:LET – ME – DO!!(スフィア)
 M36:めてお☆いんぱくと(田村ゆかり)
 M37:W:Wonder tale(田村ゆかり)
 M38:Fantastic Future(田村ゆかり)
 M39:愛の星(水樹奈々)
 M40:BRAVE PHONIX(水樹奈々)
 M41:Vitalization(水樹奈々)
 M42:Synchrogazer(水樹奈々)

 アンコール:The Galaxy Express 999(アニサマ2013アーティスト)