俳優・女優 2012年02月09日14時53分

エリカ様再び!?「その質問自体おかしいです」に“社長”と“マネージャー”お詫び


20120209沢尻エリカ

登壇者11人とフォトセッション

 女優・沢尻エリカ(25)が9日、東京・世田谷の東宝スタジオで主演映画『ヘルタースケルター』(監督:蜷川実花/配給:アスミック・エース)製作発表会見に大森南朋(39)、寺島しのぶ(39)、綾野剛(30)、水原希子(21)、新井浩文(33)、鈴木杏(24)、哀川翔(50)、寺島進(48)、桃井かおり(60)、蜷川監督(39)とともに登場し、集まった100人以上の報道陣を前に約5年ぶりとなる映画出演への熱い思いを語った。

 人気漫画家・岡崎京子原作で、タイトルは、ビートルズの楽曲『Helter Skelter』からの同作。英語で「狼狽」や「混乱」などを意味する言葉が示す通り、ひょんなことから全身に美容整形手術を施され、トップアイドルとなったモデル・りりこ(沢尻)が“すっちゃかめっちゃか”に芸能界を駆け抜けていくさまが描かれる。

20120209沢尻エリカ

約5年ぶりの映画出演に意欲を語る

 ヴィヴィッドな紅いワンピースで登場した沢尻は、「キャストがそろうということがなくて、ワクワクしてます。りりこというキャラクターは振り切れている。明日からは一番重いシーンがあるんですけど、やり切るつもりです」と、決意を明かし、「役もそうですけど、私自身戦っています。本当にみんな温かくて、みんなのおかげで、やっとやってこれてるなと。キャラクター上みんなと仲良くできないけど、この現場をみんなとやれて嬉しい」と、喜びをほとばしらせた。

 そんな気合が入っているものなだけに、性的に過激な表現もある同作にも、相当な入れ込みがあるようで、献身的にりりこに尽くすマネージャー役のしのぶから、「沢尻さんは思い切りがいい。私は(カメラ)テストでは脱がないけど、沢尻さんは脱いでます」と、エピソードを明かされると、沢尻は、「だって、着るのめんどくさいんです」と、苦笑いしつつも焦ることなく答える一幕も。

 「原作では過激なところをどのように表現されていますか?」と、蜷川監督に質問が向いた際は、「服を着ることが不自然なところもあるので過激になってます」と、返答する蜷川監督の横で、沢尻が、「作品がそもそも過激じゃないですか?私も実花さんも腹くくっているので、その質問自体おかしいですよ」と、キツメに指摘すると、「原作をリスペクトしていますので作品の世界観を再現したいし、どこまで近づけるのか戦っているので、乞うご期待です。見ててください」と続けて言い切った。

 この沢尻のキツイ発言に、りりこの所属するプロダクションの社長役の桃井は、「過激な発言があってすみません。社長としてお詫びします。りりこが乗り移っているんで!きょうはもう少し柔らかく言うようにしていたんです。本当はいいやつなんですわかってあげて」と、必死のフォローを入れると、しのぶもノリノリで「マネージャーとしてお詫びします」と、頭を下げることで、その場を切り抜けることとなった。

 また、この日、沢尻はメディアクリエイターの夫・高城剛(47)との離婚について語ることはなかったが、「共演の男性で、バレンタインにチョコレートをあげたい人は?」と問われると、迷うことなく大森を指さし、「メチャ好きです」と、ゴキゲン。フォトセッション時にも、関係者から質問は止められる中、「5年ぶりの映画出演の気持ちをファンへ」との声が飛ぶと、「よろしくおねがいします」と、手を合わせ頼み込んでいた。

 1月16日よりクランクインし、2月末に撮影終了予定の同作は、7月14日より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー!

20120209ヘルタースケルター

沢尻エリカ

20120209沢尻エリカ

手を合わせて“お願い”

20120209ヘルタースケルター

レッドカーペットを歩いてくる沢尻

20120209ヘルタースケルター

寺島しのぶ

20120209ヘルタースケルター

桃井かおり

20120209ヘルタースケルター

鈴木杏

20120209ヘルタースケルター

水原希子

20120209ヘルタースケルター

新井浩文

20120209ヘルタースケルター

綾野剛

20120209ヘルタースケルター

大森南朋

20120209ヘルタースケルター

哀川翔

20120209ヘルタースケルター

寺島進

20120209ヘルタースケルター

蜷川実花

20120209ヘルタースケルター

集まった報道陣