俳優・女優 2013年08月03日16時44分

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」


D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

山田裕貴が初写真集のイベントを開いた

 若手俳優集団『D2』メンバーで俳優・山田裕貴(22)が3日、都内でファースト写真集『山田裕貴』(東京ニュース通信社)発売記念イベントを開き700人のファンが駆けつけた。

 『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルーで俳優デビューし、その後も続々とドラマなどに出演する山田による初の写真集。22歳の等身大の素顔や、和装、洋装、オリエンタルな無国籍風など俳優としてさまざまな可能性にチャレンジした作品に仕上がっている。

 イベント前のカジュアルな装いで現れた山田。本作へ山田は、「僕は自分から結構ズバズバああしたいですとか、こうしたいですとか言わせてもらった気がします。まだまだ、未熟ですけど俳優というふうに思ってもらいたいんで、いろいろ言わせてもらったと思います」と、意欲的に臨んだという。

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

「女性に人気のカットかな」

 本作のタイトルは最初は違うものだったそうだが、「写真を撮っていくうちに素の自分も山田裕貴なんだと気づいて、ベタかもしれないけど、俳優山田裕貴の写真集としてみなさんに見てもらえればいいなと思って」と、願いを込めて変更したのだとか。撮影も、カットごとに演じるという気持ちを入れたそうで、「俳優としての名刺になればいいな」と、思いを前面に出した。

 お気に入りのカットは、「表紙もチャームポイントの目が大きく出てて好きなんですけど…」と言いつつ、黒・白・赤・青という色ごとにあるそうで、「衣装とか世界観とかで黒だったら苦悩とか、赤だったら静と動、青は人形的、白だと立ち上がって何かを手にするとか演じる部分」と、こだわりを口にしていた。

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

黒のイメージ

 『D2』内でソロで写真集を出すのは1番乗りとなったが、「俺でいいのかというのがあったんです。後からD2に入った身なので。でも、メンバーは『これは裕貴にしかできないな』と言ってくれたので」と、背中を押してもらったというエピソードも。

 また、本作では以前からファンと公言している堤幸彦監督との対談も入っているが、「マネージャーさんに年賀状で堤さんの作品に出たいと書いたら、夢が叶って、7月からのドラマ『スターマン~この星の恋』で一緒にやらせてもらえることになりました」と喜びを口にしつつ、堤監督と話したことにより、「僕がいままで考えすぎてたことが、バカだったのかって。緊張感を持っているけど楽に演じさせてもらったらよかったのかなって、本当に勉強になりました。ぜひ、堤ファミリーに入れてほしいな」と、俳優としてさらなるステップアップになったそうだ。

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

「よろしくお願いします!」と売り込む山田

 今後も俳優活動へ邁進していくと力強く語ったが、同年代で活躍する若手俳優へはライバル心も燃やしているそうで、「福士蒼汰くんとかライダー出身で、身近に刺激を受ける存在が多いので、その中にいて男として悔しいなという思いがあったので、大河ドラマとか朝ドラに出演できるように頑張りたい」と、宣言。続けて、「30になったころにカメレオン俳優と言われるような振り幅のある役者さんになりたいと思っています」と、目標を明かしていた。

 ファースト写真集『山田裕貴』は2500円(税込)で好評発売中!

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

ファンと握手も

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

ページをめくる

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

山田裕貴

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

表紙のポスター

D2山田裕貴 福士蒼汰ら同年代俳優にライバル心!初写真集は「俳優としての名刺」

黒のイメージ