テレビ 2013年07月12日16時41分

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」


桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」

森の中や洞窟など過酷なロケで「死んじゃう」と思ったほど

 女優・桜庭ななみ(20)が11日、東京・テレビ東京天王洲アイルスタジオで行われた7月12日スタートのドラマ『リミット』(テレビ東京系・深夜0時12分~)の制作発表会見に、共演者の女優・土屋太鳳(18)、俳優・鈴木勝大(20)、女優・工藤綾乃(17)、増田有華(21)、山下リオ(20)らとともに出席した。同作は、ドラマ化もされた『ライフ』のすえのぶけいこの少女コミック『別冊フレンド』(講談社)に連載されていたマンガが原作。

 陽乃高校2年生の今野水希(桜庭ななみ)は、勉強もメイクも上手にこなし、クラスの中心グループに所属し要領よく日々を送っていた。しかし、クラスの交流キャンプに出掛ける途中、バスが山中の崖から転落。生き残ったのは、今野を含む女子生徒5人。極限状態の中、日常では押し隠していた感情がむき出しとなり、5人は協力するどころかバラバラになってしまう。果たして、無事に生きて帰れるのか。衝撃のサバイバル・サスペンスドラマ。

 主人公・今野水希を演じる桜庭は、「原作ファンが多くて、プレッシャーでした」と、心情を吐露。現場が山の中や洞窟での撮影していたため、「気温が低かったり、虫がいたりして過酷でしたが、その雰囲気が、この作品にピッタリだったので、役作りに反映することができました」と、プラスに考えて女優魂で乗り切った。

 そんな中での撮影エピソードについて、桜庭は、「友だちが崖から落ちそうになって、手を差し伸べるシーンがあるんですけど、その時は、本当にその友だちが落ちてほしくなかったから、絶対に手を放したくないという気持ちにもなったし、体力的にも精神的にも極限でした。落ちちゃうんじゃないか、死んじゃうんじゃないかと思いました。そういうシーンが多々あったので、現場は極限状態でした」と、肉体的にも精神的にも“リミット”のオンパレードだった。

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」

 登場人物の中で、一番“本来の自分”に近いのは誰と問われた桜庭は、「今野は周りの人に嫌われたくないというところがあるんですけど、私にもある。だけど、(土屋太鳳が演じている)神矢知恵子の“自分は自分”という考えも持っているので、今野と神矢をたして2で割った感じです」と、自己分析。

 タイトルにちなみ、「リミットを感じた瞬間」を聞かれた桜庭は、「私はサウナが好きで、10分間入って1分半水風呂に入るという自分の中に決め事があるんですけど、8分間で苦しくなった時にリミットを感じます。でも、絶対10分間入ります(笑)」と、笑わせた。

 また、主題歌『SAVAGE HEAVEN』(ポニーキャニオン)を桜庭がメンバーとして参加している音楽ユニット『bumpy.』が歌うが、「このドラマのために書下ろされた歌なのでシリアスな感じです。bumpy.は普段は明るい曲を歌っているんですけど、シリアスなカッコいい曲なので、今までになかった感じの曲になっています。bumpy.にとっても挑戦の曲で、この作品にピッタリとマッチしてるんじゃないかな」と、こちらも注目だ

 同ドラマは、7月12日からテレビ東京系にて毎週金曜深夜0時12分より放送

 

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」


桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」

 

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」

 

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」

 

桜庭ななみ、山の中の撮影で体力的・精神的にも“リミット”いっぱい!「死んじゃうんじゃないか」