映画・アニメ 2012年02月04日07時30分

市原悦子がS状結腸腫瘍で山田洋次監督映画を降板


 女優・市原悦子(76)がS状結腸腫瘍のため、山田洋次監督(80)の新作映画『東京家族』(来年1月公開予定)を降板することが3日、分かった。

 当初、昨年4月にクランクイン予定だったが、震災や福島第1原発の事故を受けて製作が延期された同作。3月から撮影予定だったという。

 4日付の東京中日スポーツ、デイリースポーツ、スポーツ報知、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、日刊スポーツ各紙が報じており、製作・配給の松竹によると、市原が先月下旬に健康診断を行った際、腫瘍が見つかったとしている。

 今月1日から都内の病院に入院しているといい、今月中にも手術を受けるとのこと。高齢であることから大事を取っての降板が決まり、市原は「みんなに迷惑かけたくない」と無念さをにじませているという。所属事務所は「生死にかかわるものではなく、4月以降にも仕事復帰する」としている。

 作品は、小津安二郎監督の名作『東京物語』をベースにしているものになるそうで、市原の代役は吉行和子(76)が務めるとのことだ。