AKB48 2013年04月27日20時06分

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」※写真追加


【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

涙を流しながら思いを語るキャプテンの穴井千尋

 アイドルグループ『HKT48』が27日、東京・日本武道館で『AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~』の3日目に登場した。

 続いて、“らぶたん”こと多田愛佳(18、チームH)、“さくら”こと宮脇咲良(15、チームH)、“みお”こと朝長美桜(14)、“める”こと田島芽瑠(13)の4人がMCに登場。

 らぶたんは、「ろりこん卒業した。可愛いのとおばさん1名でお送りします」と、平均年齢15.1歳のHKT48だけに、らぶたんは自虐的に言う。

 続いて、「博多弁が可愛いんですよ。1万人のお客さんを博多弁でドキドキさせちゃおうかな」と、3人に博多弁でのセリフを。

 めるは、「あのねー、きいて。やっぱりはずかしいけんいわん。またこんどね」

 みよは、「私たちが皆さんのこと愛しとっちゃ」

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

 さくらは、鹿児島出身なので、鹿児島弁で「さくらーね。みんなのこと好いとうちゃ」と言うと、福岡弁との違いは、語尾が上がることと説明。

 らぶたんは、「べつにねぇ、そん姉ぇさんと言われているけど、私、あなたの妹になりたいっちゃ」

 続いてツンデレ風

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

可愛い博多弁を披露した左から、多田、宮脇、、朝長、田島

 めるは、「別にあなたの為にそこに立っているわけじゃないけん」

 さくらは、「別に、あなたのことなんて好きじゃないから、大好き」

 らぶたんは、「握手会で、『好きじゃなくなったんだよねぇ~』と言われてショック受けてたら、『愛してるに変わったよ』って言われた。ぜひ、皆さんも使ってくださいね」

 みよは、「別にみなさんのことが好きでないわけでもないけど、好き。だから大好き」

 らぶたんは、「博多に移籍して、『らぶたん若くなったね』といわれる。20歳まで2年あるので、姉ぇさんて呼ばないで、愛ちゃんと呼んで」と、可愛くおねだり。

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

初のコンサートが武道館での単独ライブとなったHKT48

 M24 メドレー (全員)
 -M01 BINGO!
 -M02 僕の太陽
 -M03 1!2!3!4!ヨロシク
 -M04 オキドキ
 -M05 絶滅黒髪少女
 -M06 制服が邪魔をする
 -M07 制服のマネキン
 -M08 オーマイガー
 -M09 おいでシャンプー
 -M10 オーマイガー
 -M11 アイシテラブル!
 -M12 バンザイVenus
 -M13 パレオはエメラルド
 -M14 青春のラップタイム
 -M15 ポニーテールとシュシュ
 -M16 北川謙二

 AKB48グループと乃木坂46のスペシャルメドレーを16曲をノンストップで、歌った。

 “はるっぴ”こと兒玉遥(16、チームH)は、「オリジナル曲がないので、先輩方の曲を借りることで、いい経験させてもらった」と、感謝。

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

「大声ダイヤモンド」歌唱シーン

 キャプテン・“ちひろん”こと穴井千尋(17、チームH)は「初めて、単独コンサートをさせて頂きました。何もわからないところから、何していいかもわからないところから。できないこともたくさんあったし、まとまらないことも、涙を流したこともありました」と言うと、涙ぐむ。会場からは、「がんばれー」のコール。

 何度も言葉を詰まらせながらも、「だけど、実力でこの武道館というステージに立っているとは思っていません。わたしたち、もっともっとたくさんの方に観てもらいたい。みなさんに聴いてもらえたらいいなと思っています。どんなことも恐れずに挑戦し、39人全員で、全力で頑張りますこれからも応援よろしくお願いしまーす」と、誓った。

 M25 初恋バタフライ (フル)

 「アンコール」の代わりに「HKT48」コール。

 EN1 大声ダイヤモンド (チームH+田島芽瑠) (フル)

 “まどか”こと森保まどか(15、チームH)は、「まだ、ここに立っているのが夢見心地なんですけど」と、興奮冷めやらず。

 “さくら”宮脇咲良(15、チームH)は、「すごく嬉しいです。ここに立っているのは、私たちの力ではありません。スタッフさん、みなさんのおかげです。これからもメンバー全員で夢をかなえていきたいと思います」と、力強く宣言。

 EN2 掌が語ること (全員)
 EN3 ひこうき雲 (全員)

 さっしーは、「あっというまに終わりの時間が来てしまいました。楽しい時間がずっと続けられればいいのにと思う。楽しい楽しい楽しい時間でした。この場所で皆さんとお会いできることを。ここがゴールではなくスタートだと思い、39人全員で頑張っていきます」

 “みお”朝長美桜(14)は、「『となりのバナナ』のユニットのときにもコールやサイリウムがきれで。ここでこうやって、自分が立てているのは、メンバーのみんな、スタッフさん、博多のみんな、応援してくださっているみなさんのお陰です」

 あいちゃん(らぶたん)は、「私は、HKT48に移籍してきて、約半年が経ちます。メジャーデビュが決まった時もそうで、移籍してきてよかったな。多くなって、メンバーの大切さ、家族みんなと会えないことも…(涙)泣くつもりないのになんなんですかねぇ。移籍してよかったなと思うのも、メンバー、ファンのみなさんのおかけです」と、感謝。

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

涙を流しながら語る田島芽瑠

 昨年9月に加入し、デビュー曲でセンターに大抜てきされた第2期研究生の“める”こと田島芽瑠(13)は、「大きなステージで、泣きながらレッスンしたこともあったけど、いろろいあったけど、今日は楽しくて、本当にみなさんのおかけです。みんなで最高のステージを作れました。この感謝の気持ちを忘れずに、力を合わせて夢に向かって頑張ります」と、泣きじゃくりながら伝えた。

 最後にさっしーは、「ここがゴールではなく、スタートだと思い、これからも39人全員で力を合わせて頑張っていきたい」と、ファンの前で誓った。

 EN4 スキ!スキ!スキップ (全員)41 大声ダイヤモンド

 【出演メンバー】
 “ちひろん”穴井千尋(17、チームH)、“なお”植木南央(15、チームH)、“らぶたん、あいちゃん”多田愛佳(18、チームH)、“せりーぬ”熊沢世莉奈(16、チームH)、“はるっぴ”兒玉遥(16、チームH)、“さっしー、さしこ”指原莉乃(20、チームH)、“しなもん”下野由貴(15、チームH)、“なつみかん”田中菜津美(12、チームH)、“ちょり”中西智代梨(17、チームH)、“なつ”松岡菜摘(16、チームH)、“さくら”宮脇咲良(15、チームH)、“あーにゃ”村重杏奈(14、チームH)、“あおいたん”本村碧唯(15、チームH)、“まどか”森保まどか(15、チームH)、“わかちゃん”若田部遥(14、チームH)

 研究生
 “ゆかちゃん”秋吉優花(12)、“きょうか”安陪恭加(15)、“らいら”伊藤来笑(14)、“みなぞう”今田美奈(16)、“ゆりや”井上由莉耶(13)、“しの”岩花詩乃(13)、“ましろ”宇井真白(13)、“はるたん”上野遥(13)、“ちぃず”梅本泉(15)、“おかぱん”岡田栞奈(15)、“なおぽん”岡本尚子(17)、“まなみん”草場愛(17)、“じーな”神志那結衣(15)、“いーちゃん”後藤泉(15)、“ぴーちゃん”駒田京伽(16)、“りこぴ”坂口理子(18)、“める”田島芽瑠(13)、“ゆうたん”田中優香(12)、“まりか”谷真理佳(17)、“あすか”冨吉明日香(15)、“みお”朝長美桜(14)、“まいこむ”深川舞子(13)、“まいちゃん”渕上舞(16)、“まりり”山田麻莉奈(18)

 

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」


【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

「タンスのゲン」歌唱シーン

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

タンスを使った振りがキュートだった「タンスのゲン」


【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

アンコールはTシャツにデニムのホットパンツルック

【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

ラスト・ナンバーはメジャー・デビュー曲「スキ!スキ!スキップ」


【ライブレポ・詳報後編】HKT48、武道館初単独公演!さっしー「ゴールではなく、スタート」

広いステージを感じさせない躍動感でファンを魅了した