病気・けが 2013年04月15日14時19分

月亭八方 大腸ポリープ6個を切除!さらに不整脈で「突然死の兆候がある」


 落語家・月亭八方(65)が14日、大阪市内で初の自伝『さりとて、落語家』出版記念トークショーを開いた。

 長男で落語家の月亭八光(35)の勧めで受けた人間ドックで大腸と心臓に異常が見つかったことを明かしたという。

 15日付のサンケイスポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、デイリースポーツ各紙が報じており、八方は「大腸にポリープが6個。全部取り、良性か悪性かがあした(15日)分かる」と、語ったという。

 さらに、「不整脈があって、スペインの先生が『突然死の兆候がある』と言うてはる(心電図の)波にちょっと似てるそう」とも話し、来月1日に1泊で入院し、最大で3年間にわたり心電図を24時間チェックできるチップを体内に植え込む手術を受けるとしている。