未分類 2013年03月08日23時46分

【日本アカデミー】余貴美子 最優秀助演女優賞に!「あなたへ」高倉健から謎のドリンクもらう


 『2013(第36回)日本アカデミー賞』授賞式が8日、東京・港区「グランドプリンスホテル新高輪」で開かれ、優秀助演女優賞の最優秀に余貴美子(56)が輝いた。

 受賞作の『あなたへ』は俳優・高倉健(82)主演。北陸の刑務所に指導技官として勤務する倉島英二は、亡くなった最愛の妻・洋子が生前にしたためた1通の絵手紙を受け取る。そこには「故郷の海に散骨してほしい」と書かれてあったことからキャンピングカーに乗って九州へ向かうというロードムービー。

 余は食堂のおかみさんの濱崎多恵子を演じたが、「セリフが長崎の言葉ですので、方言なのですが、現場に方言指導の方がいらっしゃらいませんでしたので、港の友達をつかまえては練習させて頂きました」と、苦労した点を。

 高倉との共演には、「ワクワクしていましたけど、いっぱいいっぱいでした。肩を揉んでくださったりとか、謎のドリンクをいただいたんです。高倉さんがやることなすことミステリアスで、飲み物までミステリアスで元気になりました。記念撮影のとき一緒に撮りたかったんですけど、恥ずかしくて言えなかった」と、ほろ苦い思い出も明かした。

 最優秀に選ばれた後のスピーチでは、「あまりにも意外のことで、うまいこと言えませんけど、嬉しく思います」と、ビックリしている様子で、「人生あまりうまいこと行かないことが多いですけど、こうやってご褒美を頂けると力になります。これからもご褒美を頂けるように、いい作品にいいお芝居ができるように努力します」と、前を向いていた。

 ■優秀助演女優賞(★が最優秀)
 寺島しのぶ『ヘルタースケルター』
 広末涼子『鍵泥棒のメソッド』
 満島ひかり『北のカナリアたち』
 宮崎あおい『わが母の記』
★余貴美子『あなたへ』