病気・けが 2013年02月25日22時43分

元いいとも青年隊の岸田健作 首に激痛で緊急病院に搬送!実家で寝たきり状態に


 タレントの岸田健作(34)が首に突然の激痛を訴え、24日に緊急病院に搬送されていたことを、所属事務所が25日付の公式ホームページを通じて発表した。

 「昨夜から今日にかけ検査を行いましたが、医師からは絶対安静とのことで、現在首にコルセットを巻き、本人は痛みと闘っている現状です。今後手足に痺れなどの症状が現れるようであれば、神経系の病気の疑いも出てくるとのことですが、詳しいことがわかり次第、あらためてご報告申し上げます」としている。

 さらに、25日付の岸田のオフィシャルブログでは、「激痛で立ち上がる事や歩く事もままならない状態になってしまいそのまま緊急病院に行きました」と説明し、「一日安静にとゆう事だったのですが本日になっても症状が改善されず再度病院に行き検査を受けてお薬等処方していただきました」といい、いまだ痛みと戦っているという。

 現在は実家に返り、25日付で更新されたツイッターでは「心配かけてすみません。今は実家に帰り寝たきり状態だけど一日でも早く体調回復させます!」とツイートしている。

 岸田は『笑っていいとも!』の10代目『いいとも青年隊』として活動。現在はビジュアル系ロックバンド『RoViN』のボーカルとして活動している。