病気・けが 2013年02月21日21時06分

北斗晶 手術が成功!夫・佐々木健介「めちゃめちゃ痛がって辛そうだった」


 タレント・北斗晶(45)が右膝十字靱帯再建手術を行い、無事に成功したことを20日付の自身のオフィシャルブログを通じて発表した。

 北斗は今月12日付の同ブログで「病名は…右膝後十字靭帯損傷 右膝前十字靭帯損傷 右膝の靭帯が切れているので左脚から靭帯を移植して再建手術を2月中にする事になりました。前後の靭帯が切れてしまっているので、30分歩くのが今はやっとです」と、しばしの間、芸能活動を休止することを明かしていた。

 所属事務所のスタッフから「北斗晶・経過ご報告」とのタイトルで更新され、20日に手術が行われ「無事に成功した事をご報告させていただきます」としている。今後については、「経過を見て決定次第発表させていただきます」としている。

 一方、夫のプロレスラーでタレント・佐々木健介(46)も同日付のブログで「手術が決まって~手術の前日まで、俺の中にも色んな思いがありました手術前の説明で、骨に穴をあげて大丈夫な部分の靭帯を切り取って……繋げるとか、聞いているだけの俺でも怖かった~」と率直な感想をつづり、「手術が終わり、麻酔がきれると…めちゃめちゃ痛がって辛そうだった」と、現状を明かしている。