映画・アニメ 2013年02月12日18時13分

HKT48本村碧唯が舞台挨拶中に号泣!梅田彩佳 AKB総選挙の感動エピソードを披露


HKT48本村碧唯が舞台挨拶中に号泣!梅田彩佳 AKB総選挙の感動エピソードを披露

左から梅田、大家、多田、兒玉、松岡、本村

 人気アイドルグループ『AKB48』の2012年に密着したドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?』(監督:高橋栄樹/配給:東宝映像事業部)の3都市同時舞台挨拶が7日、福岡・TOHOシネマズ天神・ソラリア館で行われ、『AKB48』から“梅ちゃん”梅田彩佳(24、チームB)、“しーちゃん”大家志津香(21、チームB)、『HKT48』から“らぶたん”多田愛佳(18、チームH)、“はるっぴ”兒玉遥(16、チームH)、“なつ”松岡菜摘(16、チームH)、“あおい”本村碧唯(15、チームH)が出席した。

 2月1日に公開された同作の好調なスタートを記念し、名古屋、大阪、福岡の3都市で同時舞台挨拶を開催。2012年を追った同作にちなんで、登壇者に「昨年はどんな1年でしたか?」と質問があり、地元での舞台挨拶となった梅ちゃんは、「キャプテンになったり、総選挙で選抜に入れてもらったり、ファンの方々やスタッフに背中を押してもらった。2013年は押してもらった分、自分で返したい」と、チームBのキャプテンらしく答えた。

 同じく福岡出身のしーちゃんは、「バラエティーのレギュラー番組が決まったり、お天気お姉さんになったり…」と語ったところで、「そこ笑うところじゃないですよ」と、観客に突っ込みを入れる。

 らぶたんは、「去年の東京ドームで『HKT48』に移籍することを決意したことが、一番大きな出来事かな」と振り返り、はるっぴは「愛ちゃんとかさっしー(指原莉乃)が『HKT』に来てくださったり、CDデビューや武道館も決まったので、いろんなことがありすぎて、奇想天外な1年だった」と、驚きの表情。

 なつも「周りからの刺激を受けて、ちょっと大きくなれたんじゃないかと思うんですが、まだまだなので、先輩方を追い越せるように頑張りたい」と、『HKT48』のめまぐるしい1年を振り返ったが、あおいは「私はないてばっかりでした」と言ったそばから、涙目! 他のメンバーも慌てつつ、梅ちゃんは「かわいい。そんなキレイ涙流すんだ」、らぶたんは「撮ってください!」、しーちゃんは「いつも泣いてるから、なんで泣いてるかもうわからないんでしょうね!」と、チャチャを入れていた。
HKT48本村碧唯が舞台挨拶中に号泣!梅田彩佳 AKB総選挙の感動エピソードを披露

 同作は涙がテーマということで、昨年最も涙を流した出来事について、なつは「生誕祭でファンの方にお祝いしていただいたこと」、はるっぴは「公演のMCの後、楽屋で村重杏奈ちゃんに『面白くないじゃん』と言われて、口ゲンカをして泣いた」と、思い返す。

 らぶたんが「総選挙が一番泣いたかも。去年は52位で、一昨年が25位だったので、凄い下がったのが悔しくて泣いた。いい涙だったなと思います」と、総選挙について触れると、しーちゃんが「私も1位になれなくて泣きました」とぶっちゃけ、らぶたんが「目指してたの?」と突っ込みを入れる。

 改めて、しーちゃんは「それは冗談なんですけど」とし、チームAの千秋楽公演でボロ泣きしたことを挙げ、「私だけオープニングから4曲泣いて、自己紹介も一人でずっと泣いて、みんなに笑われるぐらい千秋楽は泣きました」と、なぜか話が笑いの方向へ。

 梅ちゃんは「私も総選挙ですね。去年はギリギリ、ファンの方が選抜に入れてくださって、選抜の64位まで入ると、戸賀崎さん(劇場支配人)からトロフィーがもらえるんです。戸賀崎さんに『私は戸賀崎さんからもらいたいです』って言ったら、『俺も梅ちゃんにあげれるようになりたいよ』っていう会話をした後、戸賀崎さんと目があってトロフィーをもらったとき、涙が出てきました」と、感動のエピソードを明かした。

 らぶたんは、HKTに移籍したことについて、「結構ファンの人に『らぶたんは貫禄がありすぎて馴染んでないんじゃない?』って言われるけど、ホントに馴染んでるよね!」とメンバーに振ると、はるっぴが「馴染んでますよね!」と返答。

 最後に、梅ちゃんが「この映画で、裏ではこんなことがあったんだって初めて知ることがたくさんありました。ステージに立つために、これだけ普通の少女が笑ったり、泣いたりしてるんだっていうのを観ていただけたら」とメッセージを送った。