病気・けが 2013年02月10日11時26分

氣志團ドラマー白鳥雪之丞が活動休止!復活信じるメンバーに「必ず、必ず帰ってくるから」


 ロックバンド『氣志團』のドラム・白鳥雪之丞が、9日付のグループの公式ホームページを通じて活動を一時『休学』することを発表した。

 白鳥は昨年6月に左手の筋肉不全断裂を発症して以来、治療に専念してきたが、けがをした原因が『職業性ジストニア』だったことが発覚したといい、根治の目処が立たないため、白鳥自身が休学を決めたという。このため3月1日からの全国ツアーはサポートドラマーの叶亜樹良が務めるともしている。

 このことに白鳥はホームページを通じてメッセージを寄せ、「この度、氣志團を休学する事になりました。理由はドラムが叩けなくなったからです」と、無念さをにじませる書き出しで、自身の病状について「簡単に言うと、自分がやろうと思っている行動を、体が嫌がる病気です。この病気はまだまだ解明されていない事が多く、完全なる治療法というものがないそうです。治る人もいるし、治らない人もいる」という。

 昨年いっぱい休業したが、「現在、正直に言って、病状は変わらないままです」と、明かすことに。それでもメンバーらは白鳥の復活を信じ「待っていてくれると言ってくれました」といい、「みんな、本当にごめんなさい。僕に少し時間を下さい。必ず、必ず帰ってくるから。来月から始まる全国ツアーに僕は参加しません。それは氣志團の未来のために」「僕も、一刻も早くステージの上でみんなと再会できるよう、頑張ります。I’ll be back again、必ず」と、思いを明かしている。