病気・けが 2013年01月18日10時40分

長谷直美 大腸がん手術を受けていたことを告白


 女優・長谷直美(56)が大腸がんの手術を受けていたことが、わかった。

 長谷は1970年代にドラマ『太陽にほえろ!』などに出演し人気を博したが、94年に外資系会社社員と結婚し、芸能界を引退。昨年9月にの約17年ぶりにテレビ出演すると、10年に離婚していたことを明らかにし、芸能活動を再開していた。

 18日付のスポーツニッポン、デイリースポーツ各紙が報じており、長谷は同日放送の『爆報!THEフライデー』(TBS系、金曜・午後7時~)に出演し、定期検診で大腸に小さながんが見つかったと告白。

 がんは初期の段階だったため、手術を受け切除し術後の経過も良好で、順調に回復しているそうで、現在は完治したという。