音楽 2012年12月30日01時23分

HY紅白歌合戦「いちばん近くに」歌唱へ「信じるという思いを曲に」


HY紅白歌合戦「いちばん近くに」歌唱へ「信じるという思いを曲に」

HYメンバーが登場した

 『第63回 NHK紅白歌合戦』のリハーサルが29日、東京・渋谷NHKホールで行われ、白組出場のミクスチャーバンド『HY』が登場した。

 2年ぶり2度目の出場となる今回、披露するのはNHK朝の連続テレビ小説『純と愛』の主題歌『いちばん近くに』。本番では、同ドラマ主演の夏菜(23)と、風間俊介(29)が白組応援として駆けつける。

 ギター&ボーカル・新里英之(29)は『いちばん近くに』は、「この曲は信じるという思いを曲にしました。恋愛でも何でも大きなパワーを得ることができ、思いっきり心を込めて歌いたいです。ドラマの映像も出る」と、意気込む。

 また、仲宗根泉(29)は今年11月に第1子女児を出産しているが、そのことへは、「いまは夜泣き対策とかにいっぱいいっぱいで、歌うときは子供を沖縄に置いてきているので、子供を思いながら歌いたい」と、気持ちを語った。

HY紅白歌合戦「いちばん近くに」歌唱へ「信じるという思いを曲に」

HY紅白歌合戦「いちばん近くに」歌唱へ「信じるという思いを曲に」