おくやみ 2012年12月27日17時25分

坂田藤十郎 中村勘三郎さんへ弔辞…「歌舞伎界を引っ張ってくださると信じて疑いませんでした」


 歌舞伎俳優・中村勘三郎さん(享年57)の本葬が27日、東京・築地本願寺で営まれ、歌舞伎俳優・坂田藤十郎(80)が2人目の弔辞を読み上げた。

 ■坂田藤十郎弔辞
 勘三郎さん…。あなたがこんなに早く逝ってしまわれるとは夢にも思っておりませんでした。まさに痛恨の極みでございます。

 あなたはお祖父様とご両親から受け継いだ類まれなる資質を持った、生まれながらの歌舞伎役者でした。努力と研究を重ね若くしてすでに名優の域に達していました。

 古典それに、鏡獅子や道成寺などの舞踊。そして新作に至るまで、その鍛錬された芸の精ちさは常に明るく、若々しい風姿、そしてお客様へのサービス精神と瑞々しい色気は多くの人達を魅了しました。

 私たちはあなたが新しい歌舞伎座の舞台に立ち、これからの歌舞伎界を引っ張っていってくださると信じて疑いませんでした。あなたの舞台姿は目をつぶると次々と浮かんでまいります。あの姿をもう一度見ることができないと思うと、残念で…、残念でなりません。

 しかし、あなたがお育てになったお2人のご子息が立派に成長して、あなたの芸と心を、あなたの情熱を受け継いでおられます。あなたが、教え育った中村屋一門はご子息を守り立ててくれるでしょう。

 どうか、どうか、安らかにお眠りください。そして、草葉の陰で、いつまでも歌舞伎界を見守ってください。お願いいたします。日本俳優協会一同の心を込めて、謹んで哀悼の意を捧げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。合掌。