病気・けが 2012年12月26日18時26分

市川団十郎 肺炎の兆候のため1月公演を休演!大事を取り


市川団十郎 肺炎の兆候のため1月公演を休演!大事を取り

FAXで文章が発表された

 歌舞伎俳優・市川団十郎(66)が、来年1月2~26日に出演を予定していた歌舞伎公演『寿初春大歌舞伎』を休演することが26日、分かった。同日、東京・新橋演舞場からFAXで発表された。

 団十郎は12月京都南座顔見世興行中に風邪をこじらせ以降休演していた。

 同FAXによると医師より肺炎の兆候がみられるとの診断があり、大事を取り、来年1月に開かれる『寿初春大歌舞伎』を休演するとしている。

 なお、同公演の夜の部『仮名手本忠臣蔵 七段目』の大星由良之助役の代役は松本幸四郎(70)が務めるとしている。