病気・けが 2012年12月22日14時16分

星野源 くも膜下出血と診断で手術!術後の経過は良好


 歌手で俳優の星野源(31)が、くも膜下出血のため手術を受けていたことを22日付の星野のオフィシャルホームページを通じて発表された。

 「いつも星野源を応援して下さっている皆様へ」とのタイトルで所属事務所の代表らが署名入りで掲載し、「先日、星野本人より体調不良の訴えがあり、病院での検査の結果、くも膜下出血と診断されました」と、明かされることに。

 不幸中の幸いで「検査当日に手術を行い早期対処が出来たことにより、術後の経過は良好で、順調に回復しております」とのことで、「本人が体調を崩した時から手術の前後も、常に意識はある状態で、会話もしっかりしております」という。

 このため休養となり、「回復に時間を充てさせて頂きたいと思っております。楽しみにして頂いているファンの皆様、関係者の方々には多大なるご心配とご迷惑をお掛け致しますことをこの場を持って深くお詫び申し上げます」としつつ、「本人の体調を見ながら来年春頃の復帰を目標に、準備を進めてまいります」と、つづっている。