病気・けが 2012年12月19日09時23分

市川団十郎 風邪で休演…劇場側は入院を否定


 歌舞伎俳優・市川団十郎(66)が18日、風邪による体調不良で、出演中の京都・南座公演『吉例顔見世興行』を休演した。

 歌舞伎関係者によると、団十郎夫人はこの日、東京から京都へ向かったが、病状としては「軽い肺炎もあるが、深刻な状態ではない」と説明。団十郎の休演をめぐり、同日朝に役者仲間の間で「倒れ、緊急入院した」との情報が流れたが、劇場側は「病院で治療は受けている」としたものの、入院は否定した。

 19日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、『吉例顔見世興行』の昼の部『梶原平三誉石切』の梶原平三景時は中村翫雀(53)、夜の部『船弁慶』の武蔵坊弁慶は中村橋之助(47)が、それぞれ代役を務めた。