音楽 2012年12月02日18時39分

ゴールデンボンバー歌広場淳 イケメンカフェを来春アキバでプロデュースへ!鬼龍院翔の隣に立ちたい


“金爆”歌広場淳 イケメンカフェを来春アキバでプロデュースへ!鬼龍院翔の隣に立ちたい

イケメンカフェをプロデュースするという歌広場淳

 人気ヴィジュアル系エアバンド『ゴールデンボンバー』の歌広場淳(27)が、来春に東京・秋葉原に自身プロデュースのカフェをオープンさせる予定であることを1日付の自身のオフィシャルブログを通じて発表した。

 「歌広場 淳からのまさかのお知らせ」とのタイトルで、「突然ですがわたくし、来年の春頃から秋葉原にてスイーツを中心としたカフェをオープンさせて頂くことになりました。スタッフは全員男性で、イケメンを揃えようと思っています」とのことで、12月5日から8日までの間に男性スタッフを募集するとのこと。

 現状については、「とりあえず偉そうに『オープンさせて頂く~』とか言ってますけど、これ、形としてはプロデュースって感じなんです」と説明。

 今回の話が来た経緯についても、「僕が様々な媒体で『秋葉原が好き!』とか『イケメンが好き!』とか言っているのはみなさんご存知だと思うのですが、それを聞いて興味を持って下さった、俗に言う『大人』の方がいるんです。何がどう繋がるか分からないもので、その方と偶然お仕事でお会いする機会があって、そこで少し話をしているうちに『秋葉原でイケメンたちを起用したお店を歌広場 淳プロデュースでやったら面白そうだね』という流れになったんです」と明かしている。

 「こんな機会二度とないかもしれないと思って、一ヶ月ほどメンバーや事務所の方に相談をして、じっくりと考えた上で、思い切って挑戦させて頂くことにしました」と、気合を入れつつ、「あくまでゴールデンボンバーが一番大切なので、お店の立ち上げや運営などはそちらの方々のバックアップを受けつつ、口だけ出して行く感じになるのですが……と言ったところ、それでも大丈夫だとのご返答。これを期待されてると思うんですけど、僕がお店に立てるかどうかは分からないですよ……と言ったところ、そこら辺は好きにしていいよとのご返答」と、自身が店に立つかどうかは未定のようだ。

 さらに、今回のカフェの話は歌広場の内部で何かの火をつけたようで、「これはなかなか理解してもらえないかも知れないと思いますが、僕は自分が中心となれる何かで、鬼龍院 翔の隣に立てたらどれだけ素晴らしいだろう、とある時から思っていました。いつも鬼龍院 翔を見ながら、いつも鬼龍院翔にぶら下がりながら、そう思っていました。なんでもいいから自分が一番となれる事を胸に、尊敬する人の隣に立ってみたい。すごい飛躍ですけど、そう思ったんです」と、気持ちをつづっている。