病気・けが 2012年11月29日10時23分

清原和博氏“逃走中”に左手小指を脱臼骨折


清原和博“逃走中”に左手小指を脱臼骨折

左手小指を脱臼骨折したという清原和博氏

 野球評論家・清原和博氏(45)が28日に東京・府中市の東京競馬場で行われた来年1月放送予定のバラエティ番組『逃走中(仮)』(フジテレビ系)の収録中に転倒し、左手小指を脱臼骨折したことが分かった。

 同番組はタレントらが逃走者となり、ハンターと呼ばれる追っ手から設定時間中に逃げ続けて賞金を獲得するシステム。清原氏は逃走者として追い掛け役の「ハンター」から逃げようとした際に転倒し左手をついたという。

 29日付のスポーツ報知、サンケイスポーツ、スポーツニッポン、日刊スポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、収録後、清原氏は「左手小指が痛い」と訴え、都内の病院で診察を受け、左小指脱臼骨折で約4週間の安静加療を要すると診断されたという。

 同局は「一日も早い回復をお祈りいたしております」とコメントし、この日の収録分はそのまま放送されるとしている。