音楽 2012年11月07日09時36分

吉田拓郎 6年ぶりツアー完走!客席には和田アキ子、長渕、こうせつの姿も


 シンガーソングライターの吉田拓郎(66)が6日、東京・NHKホールで、コンサートツアーの最終公演を行った。

 07年の全国ツアーは体調不良でリタイアし、09年も慢性気管支炎の悪化で途中キャンセルとなった拓郎だが、3年ぶりの復活ツアーは3都市4会場を回り、ついに完走。「生涯最後の全国ツアー」と銘打っていた09年ツアーの千秋楽会場でもあったNHKホールは、紅白歌合戦の会場として知られており、「白組代表ですよ。北島三郎さんと同じ楽屋だそうで、いい気分ですよ。は~るばる来たぜ、函館ぇ~」と、ゴキゲンにジョークもかました。

 7日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、ライブでは「春だったね」「落陽」「全部だきしめて」など22曲を披露。今回は10月22日から東京、横浜、大宮の3都市4公演の小規模な首都圏ツアーだったが、「これくらいがちょうどいいよ。飽きっぽい性格だから。5本目が入ると手抜きになって、名古屋や大阪にも行くと嫌になる」と、3600人の観客を笑わせた。

 客席には和田アキ子(62)、長渕剛(56)、南こうせつ(63)の姿も。関係者によると、拓郎の来年以降のライブの予定は白紙で、今後検討していくという。