病気・けが 2012年11月06日10時01分

銀シャリ橋本 番組収録中に肋骨骨折していた!相撲部員に投げられ…


 お笑いコンビ『銀シャリ』の橋本直(32)が、テレビ番組の収録中に肋骨を折るケガを負っていたことが5日、わかった。

 橋本は10月26日、関西テレビの情報番組『よ~いドン!』のロケで、大学の相撲部員と相撲で対戦。投げられた際に右胸を強打し、そのままロケを続けたが、翌日以降も痛みが増したため、今月2日に病院で診察を受けたところ、右第七肋骨骨折で全治3週間と診断された。

 6日付のデイリースポーツ、スポーツ報知、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、橋本は現在痛みはほとんどなく、仕事も予定通りこなしているとのこと。「骨折だけにコツコツ治します。ご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。これからもボーンボーンうまいこと言えるように頑張ります!!」とギャグを交えたコメントを寄せた。