未分類 2012年10月29日13時15分

川口春奈 台本に涙!芸人たちとの愛が溢れる映画「ボクたちの交換日記」に出演


川口春奈 台本に涙!芸人たちとの愛が溢れる映画「ボクたちの交換日記」に出演

『ボクたちの交換日記』に出演した川口春奈

 2013年3月23日に公開予定の映画『ボクたちの交換日記』(監督・脚本:内村光良/配給:ショウゲート)の追加キャストに女優・長澤まさみ(25)、木村文乃(25)、川口春奈(17)らに決定したことが29日、分かった。

 鈴木おさむ原作の『芸人交換日記~イエローハーツの物語~』を内村が監督することで話題となっていた同作。結成12年目、いまだ鳴かず飛ばずのお笑い芸人『房総スイマーズ』。すでに30歳で鳴かず飛ばずの状態だったが何とかして変わりたいと思った田中洋平と甲本孝志が、「交換日記」を使って本音をぶつけあうというもので、田中を伊藤淳史、甲本を小出恵介を演じることが発表されていた。

川口春奈 台本に涙!芸人たちとの愛が溢れる映画「ボクたちの交換日記」に出演

川口春奈 台本に涙!芸人たちとの愛が溢れる映画「ボクたちの交換日記」に出演

長澤まさみ

 長澤は甲本を昼は薬局・夜はキャバクラに勤めながら懸命に支え、妻になる女性・新谷久美を演じる。後に、甲本と久美の一人娘で、高校生となったサクラを川口春奈が務める。一方、相方の田中の妻となる宇田川麻衣子役を木村が演じることとなる。

 さらに、『房総スイマーズ』の運命を左右する、テレビ局のプロデューサーを佐々木蔵之介(44)が務めるという。

 このキャスト抜てきに、監督の内村は、「驚くべき理想のキャストだと思っています。川口春奈さんには、個人的な想いも含めて理想の娘像を。木村文乃さんには、可愛くて尚かつ芯の強い恋人像を。そして、長澤まさみさんには、時代時代の中で、恋人から妻、母親へと、大きな母性愛で主人公を見守っていく女性像を、見事に演じていただきました」と、説明している。

 今回の出演に長澤は、「内村監督は、とても丁寧に演出してくださって、分かりやすく場面の説明をしてくれるので、私もすぐに監督を信頼し演技できました。一途で素敵な監督だと思います」と、内村監督への信頼関係を築けたようで、「夢に向かって一生懸命に生きる登場人物たちに勇気をもらえたのと、内村監督が子供の頃から大好きだったので、出演を決めました。頑張る2人に共感していただけてら嬉しいです」と、語っている。

川口春奈 台本に涙!芸人たちとの愛が溢れる映画「ボクたちの交換日記」に出演

木村文乃

 木村は、「とても人間くさくて不器用な愛情が沢山詰まっている作品です。夢に向かって進んでいく姿を見守っている役なので、監督と相談しつつ、伊藤さんとの空気感を大事にひとつひとつのシーンを作っていきました」と、思いを。

 川口は、「台本をもらって読み始めたときから泣いてしまって、すごく撮影が楽しみでしょうがなかったです。甲本さくらという役は自分に正直で家族思いで正義感のある子だと思います。とても人間くさくて、愛が溢れている作品になったのではないかと思います!」と、アピールしている。