音楽 2012年01月10日06時15分

ミスチル桜井、キョンキョンら30人でビートルズの名曲カバー!


 音楽プロデューサー・小林武史氏(52)が中心となり、ロックバンド『Mr.Children』の桜井和寿(41)ら計30人のアーティストが、ビートルズの名曲「愛こそはすべて(All You Need Is Love)」をカバーした。

 同曲は『JAPAN UNITED with MUSIC』名義で、25日に配信開始され、3月7日にシングルCDを発売。10日付のスポーツニッポン、スポーツ報知各紙で報じられており、収益全額は、東日本大震災の被災地の子供支援を目的とした基金に寄付される予定だという。

 小林氏のアレンジで現代風になり、桜井をはじめ、今井美樹(48)、小泉今日子(45)、『EXILE』のATUSHI(31)、TAKAHIRO(27)、トータス松本(45)、YMOら各歌手がリレー形式で歌い継ぎ、最後のサビは全員で合唱するとのこと。布袋寅泰(49)、『LUNA SEA』のSUGIZO(42)はギターで参加した。

 震災発生から数日後、ビートルズ楽曲の著作権を管理する音楽出版社に、楽曲の権利者から「日本人歌手がチャリティーでカバーするならば、ビートルズの楽曲の権利使用料を寄付に回しましょう」と、提案があったとのこと。

 これにYMOの坂本龍一(59)が「ビートルズなら小林君が適任」と、小林氏にプロデュースを依頼し、企画がスタート。昨年9月から録音を開始し、12月上旬に曲が完成した。小林氏は「日本人が今日の音と高い創造性でカバーする。これができれば、未来への可能性や希望を表せるのではないかと思いました」とコメントを寄せている。