特撮 2012年07月09日19時11分

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり


庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

巨神兵雛形

 『トップをねらえ!』や『新世紀エヴァンゲリオン』を手がけた庵野秀明監督(52)が9日、東京・江東区の東京現代美術館で『館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-』プレス向け内覧会に、“博物館副館長”を務める樋口真嗣監督、スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫氏(63)とともに登場した。

 庵野監督や樋口監督が情熱を燃やし、いま、その技が失われつつある、日本が世界に誇る特撮技術の粋を500点ほど紹介する展覧会。特撮の原点となった『モスラ』、『日本沈没』『マイティジャック』のミニチュア。特撮ヒーローのマスク、ラフ画、特撮スタジオ、特撮の美術倉庫、さらには一部撮影可能なミニュチュアステージなど、実際の現物を身近で体験できる、子供だけではなく大人も夢中になれる展覧会となっている。

 注目の展覧会だけに報道陣は国内外を問わず100社を超え、場内には開幕前でも、熱気にあふれるものに。その様子を見回した庵野監督は、「多くの人に集まっていただいて感無量です」と、あいさつ。

 展覧会の発端は3年前に庵野監督が「特撮の第一線のみんなと飲んだ時に、特撮の現場を取り巻く状況を聞かされて、危機感を持った。そのときのことをジブリの鈴木さんに話して成り立ちました」と、振り返る。

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

テープカットも

 気になる内容については「自分の目で見て貰えれば」と、まず来て本物に触れてもらうことだという庵野監督。事前に期待が高まっていた宮崎駿監督のアニメーション『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵を使った9分3秒のフィルム『巨神兵東京に現わる』について、企画した庵野監督は、「特撮が持つ面白さが詰まっています」と、意気込みを。同作の撮影を担当した樋口監督は「僕は喜びすぎて、こらが仕事かと思うぐらいでした。文化祭の前日のような楽しさで終わらなければいいなと思っていました」と、笑いながら振り返る。

 同作については、鈴木氏が、「ジブリの中で打ち合わせしていて、宮崎駿に話したらいいよっていって、言ったら『いいよ』と言ってくれたけど『ナウシカはダメだよ』と言われた」と、エピソードを。いまだ、宮崎監督は観ていないそうだが、「僕の部屋にポスター張ってたら、無視されてたけど、3回目でクスッと笑ったから、デザインはOKかなと思った。ただ、手を叩いて素晴らしいというのは存在しない彼にどのタイミングで見せようか考えている」と、考えあぐねているのだとか。これに庵野監督は「終わってからでいいんじゃないですか」と、アイデアを出し、報道陣の笑いを誘っていた。

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

報道陣は100社を超えた

 その後の囲み会見では、好きな展示を挙げることになり、庵野監督は「ウルトラマンですね。世界最初の宇宙ヒーローだし、初の巨大ヒーローができていく姿を見てもらえれば」といえば、樋口監督は「『ジェットヒーロー』です。ゴジラを作っている会社が作っていて、発見があるんです。ウルトラマンとは違うアプローチをしている。ウルトラマンと見比べてもらえれば」と、それぞれ。

 さらに、「現場でしか楽しめないものの面白さを感じてほしいというのが願いですね」と、意気を込める庵野監督。鈴木氏が、後ろの倒れかけた東京タワーを見て、「特撮には東京タワーがよく似合う。なんちって」と、笑ったが、庵野、樋口両監督は「スカイツリーもいいですね。高さも倍あるし。あれはいいタワーだ」と、何やら物騒な会話も繰り広げ笑い、報道陣から「長編はある?」と尋ねられ、鈴木氏は「しーらない」と逃げを打つと、樋口監督は「展覧会がうまくいけば」と、アピールしていた。

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

壊れた東京タワーのセットも

 庵野監督が「本当に特撮のおもしろさが詰まっています。映像の枠と外にあるおもしろがあります。可能な限り1人でも、子供でも、大人でも、女性の方にも楽しんでいただけると思います。ダウンタウンの松ちゃんにも来てほしい、グループで来て頂けるなら歓迎です!とにかく、成功しなければ次はないので」と、声を大にして呼びかけ、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 』との並行での作業となったことに「信頼するスタッフと、最愛の妻(安野モヨコ)にお礼を申し上げます」と、感謝を捧げていた。

 なお、『巨神兵東京に現わる』は人気声優・林原めぐみが淡々と声を当てたり、爆発や、さまざまに凝らされた工夫が観るものを惹きつける作りとなっているが、これがどう撮られたのかメイキングも展覧会内で映像で展示。その場所には、内覧会でも多数の大人が足を止め、見入ってしまうほどの作りとなっており、庵野監督のアピールするように、大人から子供まで楽しめる場所として間違いはなさそうだ。

 『館長 庵野秀明 特撮博物館 -ミニチュアで見る昭和平成の技-』は同所にて10日~10月8日まで開催!

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

庵野秀明監督

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

樋口真嗣監督

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

鈴木敏夫氏

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

司会は豊田順子アナが務めた

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

巨神兵雛形

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

展覧会内部

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

展覧会内部

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

入り口には説明文が

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

説明文の下には直筆サイン入り

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

展覧会内部

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

展覧会内部

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

カラータイマーも!

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり

巨神兵の頭部も展示

庵野秀明監督 特撮博物館に報道陣100社超!「巨神兵東京に現る」本編&メイキングに人だかり