スキャンダル 2012年06月27日09時07分

小林幸子と前社長 きょう別々に会見!騒動さらに激化か


 お家騒動で対立している演歌歌手・小林幸子(58)と、所属事務所前社長側がきょう27日、都内で別々に会見することが26日、わかった。

 騒動は、小林が4月4日付で個人事務所『幸子プロモーション』の関根良江前社長と専務取締役の2人を解任したことが発端だが、それ以来会見は初めて。小林の会見は、本人と最近になって『幸子プロモーション』のアドバイザーとなった芸能関係者の2人が出席するとのこと。

 27日付の日刊スポーツ、スポーツ報知各紙が報じており、25日に小林側が関根前社長に4000万円、元専務取締役の女性に2000万円を支払うことが15日に合意したことが明らかになり、一部ではこれが和解と報じられた。だが、前社長はすぐに文書を出し、和解を否定。小林も自筆の文書で、合意は認めた上で「まだ全面的解決には至っておりません」とした。

 小林をよく知る関係者は、「誠意を持って支払ったのだから、これ以上、何をお望みですかというスタンスでしょう。騒動をこれ以上長引かせるのは歌手活動に得策ではないので、会見で終止符を打つつもりでしょう」と推測。一方、前社長は小林が会見を開くと知り、「あの人は芝居がうまい。泣きの姿を見せるでしょう」と話したという。

 また、一部では小林が知人に「(前社長は)金銭目的で騒動を長期化させた。ウソがどんどん暴露されていく」という趣旨のメールを送ったと報じられており、前社長は「言っていることとやっていることがまったく違う」と不快感を示し、小林の会見を受ける形で代理人が会見することを決めた。この様相では、まだまだ騒動は続きそうだ。