社会 2012年06月25日10時32分

故・TAIJIさんの婚約者が女性マネージャーを刑事告訴…虚偽メールを送信


 首つり自殺により昨年7月に亡くなったロックバンド『X』(現『X JAPAN』)の元ベーシストTAIJIさん(享年45)の婚約者が、当時の女性マネージャーを詐欺未遂容疑の疑いで刑事告訴していることが24日、分かった。

 TAIJIさんは2011年7月11日、成田からサイパン島に向かう航空機内で乗務員に暴行、窓や座席をたたいたり蹴ったりしたとして逮捕。拘束中にベッドのシーツで首を吊って自殺を図り、病院の集中治療室で治療を受けていたが、そのまま帰らぬ人となった。

 25日付の日刊スポーツが報じており、告訴状によると、女性マネージャーは昨年7月11日以降、TAIJIさんがサイパン当局に逮捕され拘束中に、TAIJIさんの携帯電話を無断利用し、婚約者に『(女性マネージャーの)クレジットカードを無断で使用したことが発覚して困っている』『訴えられたら犯罪者になってしまうので、使用分を支払ってほしい』などと虚偽のメールを数回送信した疑い。

 その後、女性マネージャーは自身の携帯電話からTAIJIさんの婚約者へ銀行口座を送信し、被害金額として計77万円を振り込むように要求したとしている。婚約者は振り込む直前、メールの文面などから女性マネージャーのなりすましであることに気づいたため、未遂で終わったとのこと。

 この事態に、婚約者の代理人の弁護士は「悪質な振り込め詐欺だ」と主張。告訴状を受理した神奈川県警青葉署は、捜査を進めているとしている。