アナウンサー 2012年06月04日22時15分

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会


【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

恵比寿駅前の祝勝会で気さくに撮影に応じてくれた吉田尚記アナ

 “よっぴー”の愛称で親しまれるニッポン放送の吉田尚記アナウンサー(36)が4日、東京・恵比寿のウエスティンホテルで開催された『第49回ギャラクシー賞』でDJパーソナリティ賞に輝き贈賞式に登壇した。

 吉田アナは1999年同社に入社し、音楽、アニメ、アイドルなどのサブカルチャーに詳しくマンガ『ラストイニング』の試合を仮想実況アナウンスするというユニークな企画を立て、昨年も同賞の優秀賞を受賞。今回は、ラジオ部門で自身がパーソナリティを務める『ミュ~コミ+プラス』(月~木曜深夜24時~)でDJパーソナリティ賞を受賞となった。

 「新時代の表現者」と紹介されスーツ姿で、iPhoneを自分の方に向けながら登壇し、MCを驚かせた吉田アナ。「ユーストリームで生中継しています300人以上のユーザーが見てくれています」と、モニター画面の向こうのユーザーのコメントが映し出されるなど、ユニークなものとなることに。

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

あいさつ中も生中継する吉田アナ

 戸惑うMCへ、吉田アナは、「進行が飛んでしまったと思います。申し訳ありませんが」と、気を使いつつ、「ツイッターとかを使って番組をやらせていただいていたので、こうやってこの場に立つことができたと思います。すべてのリスナーの代表という気持ちで立たせていただいています」と、笑顔を見せていた。

 その後、壇上や番組で予告していた恵比寿駅西口に現れた吉田アナ。集まった50人のファンに「おめでとう!」と囲まれ、吉田アナは、「こうやって集まってくれるみんなのノリの良さがギャラクシー賞を獲らしてくれたんだ」と、ファンへ感謝。ファンの厚意で用意された飲み物を片手に、「聞いてくれたリスナーが集まったことに意味があるギャラクシー賞DJパーソナリティ賞を頂きました!」と、乾杯の音頭をとるなど大歓声が上がる中、祝勝会がスタートすることに。

 番組で告知していた、同番組に関するクイズ企画「賞金争奪!『ミュ~コミ+プラス』ウルトラクイズ」が開かれ2人の正解者を出したり、「有楽町に行きたいか!オー!」「最高の女とベッドでドンペリ!」などをファンと声を合わせて即興で収録するなど、全員ノリノリ。さらには、ギャラクシー賞でもらったトロフィーを手に、吉田アナが1人1人のファンに触ってもらうために自ら回って歓談したり、サインにも応じるなどファンサービス満点で、ファンから「会いに行くアナウンサー」と、声がかかるほどで、そんなファンを一番に考える姿勢が今回の受賞の決め手の一つになったことは間違いないようだ。

 最後は、吉田アナから「いままでに番組を聞いて下さったすべての方ときてくださった方の健勝を願って」と、1本締めでしめくくり、今夜の放送へ向けその場を後にした。

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

ファンへサインも

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

タイムラインが会場モニターで表示

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

ノリノリで撮影会も

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

全員で乾杯!

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会

約50人が集結

【ギャラクシー賞】会いに行くアナウンサー吉田尚記!恵比寿駅でファン歓声の祝勝会