モデル 2012年06月01日21時21分

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」


「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

“天の川”を背にPRするタワー・ボーイズと吉松育美

 1日、都内・東京タワーで『天の川イルミネーション 点灯式』が開かれ、東京タワー応援団を務める3人組ユニット『タワー・ボーイズ』、吉松育美(24)、ノッポン弟が登場した。

 6月1日~7月8日までの期間限定で東京タワー大展望台1Fにて約2万4000個のLEDが輝く『天の川イルミネーション』を開催。川を見立てた無数の青色の中に白色の電球が川のように流れる演出で楽しませる。窓ガラスに映りこんだ電球も目を引き、訪れる者を幻想的空間に誘う仕掛けが満載だ。これを記念し2012年ミス・インターナショナル日本代表になった吉松が東京タワー初代アンバサダーを、その応援団として『少年隊』植草克秀(45)長男かつ元ジャニーズJr.にも在籍したリーダーの樋口裕太(17)、第23回ジュノンスーパーボーイコンテストで審査員特別賞を受賞した山崎大輝(16)、パーソナリティ・永六輔(79)の孫で俳優・育乃介(18)の3人で先月15日に結成されたイケメンによる3者3様が魅力のタワー・ボーイズが点灯式に駆けつけることとなった。

 まずは、タワー・ボーイズ3人がいなせな浴衣姿で登場すると、集まったファンから黄色い声が飛ぶことに。東京タワーのアップリケがついていることがポイントで、樋口が「東京タワーのシンボルのタワーがついてます」と、アピール。先月15日のイベントを終えて育乃介は「雨の中でもファンが来てくれて嬉しいです。自分たちで企画して次回6月5日も来てくださったら嬉しいです」と、呼びかけることも。

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

点灯すると一面に青い世界

 次に登場した吉松は、祖父に日本舞踊の師範を持つだけあって、浴衣姿が様になっており「東京タワーカラーのインターナショナルオレンジを取り入れています」とあでやか。東京タワーは吉松にとって思い出の場所だそうで、「6年前に佐賀県から出てきた時に、初めて東京タワーに上って、抱えきれない悩みがあって、タワーから見える夜景を見て、自分の悩みが小さなものなんだなと思って泣きました。そのとき、七夕の短冊に『頑張れ育美』と書いてあって、さらに涙しましたね」と、エピソードを披露した。

 点灯式後の囲み会見では、点灯した感想を、山崎が「初めて見ましたけど、なんていうかロマンティックだなぁと思いました」と漏らすと、樋口も「カウントダウンでパッとついて、ガラスに映ると向こうにもあるような感じでキレイだな」と感想を。

 一方、育乃介は「いつもの東京タワーもキレイですけど、LEDがついたタワーもキレイなので、ぜひ恋人の方と来て」とドキリとする発言も飛び出し、それについて尋ねられると、「毎月イベントをやっているので、ファンの方とイルミネーションを楽しめれば」と、うまくまとめ、樋口が、「友達とでもいいですし、いたら恋人ともいいなとも思います」と、希望を語っていた。

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

樋口裕太

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

樋口裕太

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

山崎大輝

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

山崎大輝

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

育乃介

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

育乃介

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

吉松育美

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

吉松育美

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

点灯直前に手を合わせる

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」

後ろには「のっぽん」と書かれたうちわが

「少年隊」植草長男・樋口が東京タワーイルミネーションに「恋人ともいいな」