ブログ・SNS 2020年05月12日11時25分

高知東生 俳優復帰を報告


 2016年に覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪などで実刑判決を受けた元俳優の高知東生(55)が11日、自身のツイッターで、俳優業に復帰することを発表した。

 高知は「色んな方から応援と後押しを頂いて、俳優の仕事をまたやることができました」とツイート。続けて、「監督から花束を受け取った時は嬉しくて思わず泣きました。事件を起こした俺と仕事をすることはリスクがあるにも関わらず、共演してくれた青木さやかさん、鈴木まりやさん、そしてスタッフの皆様方に心から感謝しています」と、共演者の名を挙げて感謝した。

 高知が出演するのは、14日からツイッターで配信される連続ドラマ『ミセス・ロスト~インタベンショニスト・アヤメ』で、ギャンブル依存症のギャンブラーという役どころ。毎週火曜、木曜午後9時から配信される。