アナウンサー 2020年05月05日11時51分

住吉美紀アナ退院 自宅で経過観察へ


 新型コロナウイルスに感染し、東京都内の病院に入院していた元NHKのフリーアナウンサー、住吉美紀(47)が退院したことが3日、わかった。

 同日、所属事務所が公式サイトで発表。「症状が安定したとの医療機関および保健所のご判断のもと、退院、自宅療養となりました」と説明している。

 今後は保健所などの指示に従い、原則2週間程度自宅で経過観察を続けるという。活動再開時期は、本人の状況を見て協議する。住吉は先月19日に高熱と肺炎のために緊急入院。検査の結果、同22日に陽性と判明していた。