芸能24時 2020年04月15日11時06分

日本テレビ 大林宣彦監督追悼『時をかける少女』放送へ


 日本テレビは14日、10日に肺がんで亡くなった映画監督の大林宣彦さん(享年82)の追悼特別企画として、18日午後1時30分から同監督の代表作の一つである『時をかける少女』(1983年)を放送すると発表した。なお、放送は関東ローカルとなる。

 『時をかける少女』は、大林さんが地元の広島県尾道市を舞台に描いた代表的なシリーズ「尾道3部作」の2作目に当たる。当時16歳だった原田知世(52)の映画初主演作で、原田は同作で第7回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。配給収入は、その年の邦画で2位となる28億円と大ヒットした。

 原田は11日にツイッターを更新し、「大林宣彦監督 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします」と、故人を偲んだ。