おくやみ 2020年03月18日11時38分

元フィギュア日本代表クリス・リードさん 突然死


 フィギュアスケートのアイスダンスで、日本代表として五輪に3度出場したクリス・リードさんが日本時間15日、午前0時20分に米デトロイトで心臓突然死のため亡くなった。30歳だった。

 17日、日本スケート連盟が発表。リードさんは2010年のバンクーバー五輪から3大会連続で出場し、18年の平昌五輪では、村元哉中選手(27)とコンビを組み、日本勢過去最高成績の15位となった。

 昨年末に現役引退を表明して以降は、姉のキャシー・リードさんとともに後進の指導を行っていた。