おくやみ 2020年02月12日11時04分

ノムさん逝く…プロ野球名監督・野村克也さん 死去


 元プロ野球選手で監督、野球解説者の“ノムさん”こと野村克也さんが11日、亡くなった。84歳だった。

 同日、フジテレビが報じており、警視庁によると野村さんは11日未明、自宅から病院に搬送され、その後死亡が確認されたという。死因は虚血性心不全で、奇しくも17年に亡くなった妻の沙知代さんと同じ病気だった。

 野村さんは1935年、京都出身。54年に南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)にテスト生として入団し、捕手としてレギュラーになると、本塁打王9回など数々のタイトルを獲得し、65年には戦後初の三冠王に輝いた。南海時代は2度日本一になり、プレイングマネージャー(選手兼任監督)も務めた。

 現役引退後はヤクルトを3度日本一に導き、その後、阪神と楽天の監督を歴任。現役時代は657本塁打、1988打点という王貞治さんに次ぐ歴代2位の記録を残した。

 妻・沙知代さんとはバラエティー番組で度々夫婦共演し、人気を博していた。