芸能事件 2019年06月11日11時46分

カラテカ矢部 相方・入江の騒動を謝罪


 お笑いコンビ『カラテカ』の矢部太郎(41)が8日、自身のツイッターで、詐欺グループの忘年会に芸人を仲介したとして所属事務所・吉本興業との契約が解消となった相方・入江慎也(42)について謝罪した。

 矢部は「相方であり友である入江慎也が多くの方々にご迷惑、ご心配をおかけし本当に申し訳ありません」と謝罪し、「入江には心から反省し、これまでの自身のあり方を見つめ直し、失ったものの大きさを考え続けてほしいと伝えました」とツイート。

 コンビ活動は不可能だが、「今後も僕はカラテカの矢部太郎として活動させて頂きます」と、コンビ名を残して活動していくことを明言した。