ライブレポート 2012年05月04日22時00分

【ACE】井口裕香 喜多村英梨&神谷浩史の“歯磨きプレイ”中は帰りたかった


【ACE】井口裕香 喜多村英梨&神谷浩史の“歯磨きプレイ”中は帰りたかった

「火憐だぜ!」とミニライブをした喜多村英梨

 人気声優・神谷浩史、喜多村英梨、井口裕香が3月31日、千葉・幕張メッセで開催された『アニメコンテンツエキスポ2012』内で『偽物語』スペシャルステージに登場した。

 作家・西尾維新の人気ライトノベルをアニメ化した『化物語』の続編。本作では主人公・阿良々木暦と大きい方の妹・火憐、小さい方の妹・月火がクローズアップされ、『化物語』に出演した仲間との交流や怪異との対峙が描かれる。

 原作は、圧倒的な文字数の会話を誇る作品なだけに、神谷は、「2クールを通してこれは終わるのかと思っていましたが、何とか終わりました」と、胸をなでおろす。『化物語』では、演じる当日に台本を渡されるなど、肝を冷やすこともしばしばあったそうだが、今回は、「順調にアフレコさせて頂きました。今回は勉強する時間がありましたね。チェックしてもチェックしても終わらなくて、1話につきチェックで5時間かかった回もあって、いつのまにか日にちが経っていました」と、声優泣かせの作品だったことをしみじみ。

【ACE】井口裕香 喜多村英梨&神谷浩史の“歯磨きプレイ”中は帰りたかった

 コーナー『生あとがたり』では、神谷が「2人とガッツリしゃべるのは初めて」と、喜多村と井口に語りかけると、井口は、「本編のときから暦お兄ちゃんとガッツリしゃべりたかった」と、劇中のような“妹キャラ”全開。喜多村も『化物語』のことを振り返りつつ、「朝起こしにくるというシーンだけだったので、もうちょっと自分たちに尺がほしいなと思えるぐらいだった。キャラとキャラとの掛け合いの目玉みたいなのがやりたいなと思っていました」と、『偽物語』になってその部分も折り合いがついたよう。

 そんな2人とは対照的に、神谷は、「ヒロインとの距離感を大事にしてましたけど、今回は身内なんで繊細な感じでやりました。僕は妹がいないのでこんな扱いでいいのかなと思いました」と、多少の迷いがあったのだとか。それでも、神谷は、「そんな妹たちに酷いことをしようと思います。アレ持ってきて」と、スタッフに指示すると、歯ブラシを持って現れることに。

これは、同作の『つきひフェニックス 其ノ壹』で多くのファンを悶絶させた“歯磨きプレイ”のもの。実際にアフレコでも歯ブラシを口に入れながらだったそうで、そのシーンの神谷と喜多村の収録現場を見ていた井口は、「神谷さんと英梨ちゃんの盛り上がっていました。ポカーンという感じで、私帰ろうかなと思うぐらい集中していて、ドキドキしていたんですが、私の中では冷めていた部分もあります」と、率直な感想を。

 終盤では、喜多村が「火憐だぜ」とキャラになりきりながら、『かれんビー』の『marshmallow justice』を、歯ブラシ持ったままミニライブを開催。井口も、『つきひフェニックス』の『白金ディスコ』を、歌い終え、「緊張して間違えちゃったよー」と、ワタワタとその場を回り出し、「カワイイー!」という声が寄せられるなど、ステージならではのライブが展開されることとなった。

 最後に、井口は、「なんかこう傷も残ってるし、終わり方も続くような感じで終わったので、また演じられたらいいなという現場でした」といえば、喜多村は「技術の集大成だったなと思います。役者として飛び込んでいって、先輩方の引き出しを見て打ちひしがれる作品であると同時に芝居が本当に好きになる作品でした」と、愛着を。

 そして、神谷が、次作の『傷物語』について、「少しだけ見せてもらいましたが、とにかくすごいことになりそうです。もうしばらくお待ちください!」と、期待をあおり終幕を迎えた。

【ACE】井口裕香 喜多村英梨&神谷浩史の“歯磨きプレイ”中は帰りたかった

神谷浩史

【ACE】井口裕香 喜多村英梨&神谷浩史の“歯磨きプレイ”中は帰りたかった

井口裕香