CM 2018年10月22日06時37分

深キョン、電話オペレーターに挑戦!東京ガスが“深ダイヤル”を開設!ズン飯尾、オリジラルボケ連発で爆笑も演技では・・・


深キョン、電話オペレーターに挑戦!東京ガスが“深ダイヤル”を開設!ズン飯尾、オリジラルボケ連発で爆笑も演技では・・・

女優・深田恭子(35)がTVCMに出演している東京ガスでは、10月22日より、ガスと電気をまとめる申し込みが簡単に出来るフリーダイヤル「深(フカ)ダイヤル」を開設する。CMで“電気のおねえさん”役を演じている深田が、今度は電話オペレーターに挑戦し、音声ガイダンスの声を吹き込んだ。

 収録を終えた深田は、「自分が電話をしたときはよく聞き逃してしまうので、(電話をした人の気持ちになって)自分がそうだと嬉しいなと思う、ゆっくり、はっきり、わかりやすく、という気持ちでやってみました」と、気をつけたポイントを語った。そのとおり、とても丁寧なオペレーターと好評。

 深田は、グっとくる声質について、「その時の状況によっても違うと思うんですけど、女性の方だと滑らかに丁寧にお話しされる方とかは、すごく素敵だなと思います。男性だとすごくハキハキしている方とか、声だけで明るくなる声ですね。また例えばお店に予約の電話をした時も、電話口の声だけで気持ちって伝わってくると思うんです。なので、女性も男性も気持ちがこもっている声だと嬉しいですね」と、語った。

 深田恭子の声が実際に聞ける「深ダイヤル」
 TEL:0120-907-081(キョーコなら オーハヤイ)

 また、深田が出演する新CM「でんきdeラッキー『スマホでカンタン』篇」に、ずん・飯尾和樹(49)が出演。

 ストーリーは、教育番組風のスタジオに青色のワンピース姿で立つ深田が、「東京ガスにまだ電気をまとめてないお友だちー!」と呼びかけると、お母さんやサラリーマン、野球少年やチアリーダーなど様々な人が、「は~い・・・」となんだか元気がなさそうに返事をする。

 その中心には、なぜか芸人のずん・飯尾和樹が!絨毯の上で寝転びながら、「あーあ、家でゴロゴロしている間に、電気代まとめられないかな~」とボヤく飯尾。

深キョン、電話オペレーターに挑戦!東京ガスが“深ダイヤル”を開設!ズン飯尾、オリジラルボケ連発で爆笑も演技では・・・

 するとすかさず深田が、東京ガスだとスマホで超簡単にガスと電気をまとめられることを教える。あまりの簡単さに「あら簡単!びっくりついでに、ぱっくりピスターチオ!」と驚く飯尾。そして最後に深田が笑顔で手を挙げ「はいっ!」と掛け声。

 集まったいろんなお友だちみんなで“カンタンダンス”を踊り、東京ガスでガスと電気をまとめることがすごく簡単なことを伝えるという内容。

 飯尾が用意したリアクションがあまりに面白かったため、監督は違うパターンを何度も要求!そんな無茶ブリにも飯尾は「ビックリついでに再びゴロン」「ビックリついでにぱっくりピスタチオ」「ビックリついでにメガネ解除」などなどその豊富なレパートリーで毎度スタジオに笑いを巻き起こした。さらに監督から、「さすがにもうおかわり(もう一度)は厳しいですか?」と聞かれても、「ノート見ていいですか?」と事前に用意したノートを確認し撮影に臨んでいたという。

 しかし、ボケは完ぺきな飯尾だったが、そのボケのタイミングで深田を見るところを何度も忘れていまい、監督も、「ボケは最高だったのにな~!」と、悔しがるシーンも。ボケは完ぺきだけど、不慣れな演技を忘れてしまう飯尾だったとか。

 一方、前回のCMから“電気のおねえさん”役で出演してる深田は、東京ガスのキャラクターパッチョ、電パッチョとすっかり仲良し!撮影現場に入るなり深田は「久しぶり~!」と、パッチョ、電パッチョとハグ。CM撮影中も、一緒にモニターチェックをするほど仲よし。撮影の合間には深田が「お顔の割に大胆」と表現するパッチョ、電パッチョのおしりを、飯尾に紹介する一幕も。CMではそんな深田さん一押しの、パッチョ、電パッチョのおしりにも注目だ。

 同CMは、10月22日よりトレインチャンネル、10月24日より関東ローカルエリアのTVにて放送を開始する。

 

深キョン、電話オペレーターに挑戦!東京ガスが“深ダイヤル”を開設!ズン飯尾、オリジラルボケ連発で爆笑も演技では・・・


深キョン、電話オペレーターに挑戦!東京ガスが“深ダイヤル”を開設!ズン飯尾、オリジラルボケ連発で爆笑も演技では・・・