おくやみ 2018年09月19日11時58分

がん闘病中の山本KID徳郁さん死去 魔裟斗らと激戦繰り広げる


 がん闘病を公表していた格闘家の山本KID徳郁さんが18日、亡くなった。41歳だった。

 同日、山本さんが主宰する『KRAZY BEE』の公式ツイッターが、「山本KID徳郁(享年41歳6ヶ月)が、本日9月18日に逝去致しました。生前に応援、ご支援をして頂きました関係各位、ファンの皆様に本人に変わり御礼申し上げます」と、山本さんの死去を発表。

 山本さんは今年8月、自身のインスタグラムで、がん闘病中であることを公表。1972年ミュンヘン五輪代表の山本郁榮氏を父に持ち、姉・美憂と妹・聖子は世界女王になるなど、レスリング一家で育った。山本さんは山梨学院大時代には全日本学生選手権を制し、01年に修斗でプロデビュー。K-1やHERO‘S、DREAMなどで活躍し、04年の大晦日では、魔裟斗と対戦し、惜しくも判定負けを喫したが、ダウンを奪い合う壮絶な展開で、伝説の一戦となった。