おくやみ 2018年07月10日11時08分

『大岡越前』加藤剛さん死去


 時代劇『大岡越前』などで人気を博した俳優の加藤剛さんが先月18日、胆のうがんのため、都内で亡くなっていたことが9日、わかった。80歳だった。

 同日、NHKが報じており、加藤さんは静岡県出身。早稲田大学を卒業後、1964年に俳優座に入団し、テレビや映画でも幅広く活躍した。

 70年にスタートした時代劇『大岡越前』では、江戸時代の名奉行・大岡忠相を30年近くにわたって演じ続け、お茶の間で人気に。01年には紫綬褒章、08年には旭日小綬章をそれぞれ受賞。葬儀は先月末に家族で済ませており、お別れの会を9月22日に開くとのこと。