J-POP 2017年12月29日19時32分

SHISHAMO、紅白初リハでホーン隊とのコラボで「音がデカくてビックリした」


SHISHAMO、紅白初リハでホーン隊とのコラボで「音がデカくてビックリした」

川崎フロンターレ・ラブ!

 女性スリーピースバンド・SHISHAMOが29日、東京・渋谷のNHKホールで開催中の『第68回 NHK紅白歌合戦』の公開リハーサルに登場した。今回が紅白初出場のSHISHAMOは2013年にデビューアルバムをリリースしたボーカル&ギター担当の宮崎朝子(23)、ベース担当松岡彩(21)、ドラムス担当の吉川美冴貴(23)の3人組だ。

 楽曲『明日も』はNTTドコモ『ドコモの学割』TV-CMソング。SHISHAMOが応援を公言している地元・川崎の川崎フロンターレ」のホームゲームを観戦していた宮崎がサポーターの応援に感動したことがきっかけで誕生した楽曲。爽やかな音色に乗せ、日々を生きる人たちの応援ソングとなっている。

 紅白では高校生のホーン隊とスペシャルコラボするが、「SHISHAMO自体、ライブをやっていて、高校生とも一緒にやることはあるが、今回は全員とはきょうが初顔合わせのスゴイ人数で、とにかく音がデカイ。あんなにたくさんの人と演奏したことない。音の大きさにビックリした」(宮崎)と紅白のリハーサル初体験に苦笑い。

「初めての場でまだとまどっている。まだ正直、ホント、出るのかなと。きょうになっていきなり年末感がでてきて、本当に出るのかなと…」と戸惑いは隠せない様子だが、それでも「曲をちゃんと聞いてもらえたらうれしいし、今年はこれまでと活動自体は変わらないが、お客さんの層が変わって、いままでライブに来なかったような人たちにも聞いていただた」としみじみ。

 ちなみに、曲のきっかけとなった川崎フロンターレがJリーグで優勝を飾ったが、「この1年いっぱいスタジアムに足を運んだし、フロンターレの優勝はすごくうれしい」と自分のことのように喜んでいた。

SHISHAMO、紅白初リハでホーン隊とのコラボで「音がデカくてビックリした」