声優 2017年12月10日13時00分

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも


渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

ガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶が開催!

 アニメーション『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』初日舞台あいさつが9日、東京・新宿バルト9で開かれ『あんこうチーム』の西住みほ役・渕上舞、武部沙織役・茅野愛衣、五十鈴華役・尾崎真実、秋山優花里役・中上育実、冷泉麻子役・井口裕香、OP主題歌『Grand symphony』を歌ったアーティスト・佐咲紗花が登壇し司会は、園みどり子&後藤モヨ子&金春希美役・井澤詩織が登壇した。

 戦車を使った武道『戦車道』が大和撫子のたしなみという世界で、女子高校生たちが『戦車道』を繰り広げるハートフルタンクストーリーとして2012年から13年にかけTVアニメが放送された『ガールズ&パンツァー』。その後を描いた『ガールズ&パンツァー 劇場版』も15年11月に公開され1年以上上映され続けるという異例の大ヒットを飛ばし、現在は25億円を超える興行収入というアニメ映画史にも名前が残るものとなった。本作では劇場版のさらにその後を全6話で描くもので、ファン待望の第1話となる。

 上映後、その出来に観客たちから拍手が送られる中、パンツァージャケットに“風紀”と書かれた腕章を巻いた井澤が登場し、キャストを呼び込んでいく。実は、おなじみのジャケットのように見えて新調されたものだそうで、それぞれがあいさつするなか中上は「ガルパンは?」「ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!」と優花里おなじみの掛け声を観客たちとコールアンドレスポンスし、朝早くからのイベントながら、熱気にあふれる。

 渕上は「私も試写会で観させて頂いたんですけど、すごい感動しました!もう想像を遥かに超える迫力と、OPのキュンと来る映像と、いちファンとしても楽しめる、そんな作品をみなさんにお届けできて大変満足しております」と、満面の笑みで、井口も「ついにこの日がやってきましたからね!劇場版で終わっちゃったと思っていたら、今度は終わりのスタートです。この先どうなるのか想像のつかない感じです!」と、声を弾ませる。

 茅野によると「私達もまだ続きは知らないんです」と、先の展開は未知だそうで井澤から「ファンの皆さんと同じテンションだよね」とキャスト陣もお客さんと同じ目線なのだとか。それでも、尾崎はOP映像を観て、「この絵に意味があるのか考えながら観ていて」と、想像を膨らませていた。

そして、対戦相手になる『BC自由学園』についても「かなり濃かった!」とのこと。井口は「台本読みながら、うわーって!」と、あっと驚くような展開が待っているようだった。

 一方、佐咲には本作主題歌が決まったときのことへ、「プレッシャーしかなかったですね。最終章と名打たれたものを背負うことになるので、嬉しさよりもちょっと引きつってしまって『私で大丈夫ですか!?』と心配でした」と、恐縮気味だったのだとか。

 しかも作詞も担当しただけに「それぞれの思いを束ねてという気持ちで、友情と絆を1番描きたかったんです。でも、びっくりするぐらい時間がかかってしまって、何回逃走しようと思ったか分からないくらいでした(苦笑)」と、相当に苦労があったよう。しかし、そのかいあって、客席からは大きな拍手とともに、キャスト陣からも「出だしが素晴らしくて」「戦いに行く感がすごい」「まさに最終章という感じで」「いままでのイメージとはまた違って」と、賞賛の声も飛び交った。

 最後に1人ずつからメッセージが。佐咲から「私も前売り券3枚買っているので、劇場に足を運ぼうと思っています。『Grand symphony』も最終章もじっくり楽しんでください!」。

 井口からは、「ついにこの初日を迎えることができて、とても、とても嬉しく思っています。ここからどんな展開を迎えるのか楽しみにしています。まずは1話を観て、2話に思いを馳せてください。河嶋桃ちゃんを応援してあげてください(笑)」と、桃への声援を呼びかける。

 中上は、「劇場版から2年ということで劇場版のときも、老若男女問わず、前のときより客層が広がっている気がするんです。私の息子が2歳なんですが、普通集中力が途切れてしまう所、ガルパンは47分を黙って観てましたね。それだけ面白い作品なんだなって」と、幼児の目も引きつけるものとアピール。

 尾崎は、先日、劇場版が地上波放送され、それを観た友人がガルパンに興味を持ち出したと言い、「5年という月日が経っても新しく興味を持ってもらえて、興味がある人に勧められる作品にかかわらせて頂き嬉しく思っています!2話に向けて気持ちを高めて頂けたら」と、いまだ新規のファンを獲得しているというエピソードを。

 茅野は、「最終章と聞くと、ちょっと寂しい感じですが、まだ6分の1ですから、ここからまだ楽しみです。長いお付き合いになるような気がしますので、お付き合いよろしくお願いします。みなさんの応援があれば、最後の6話まで駆け抜けていいけると思いますので、よろしくお願いします」と、コメント。

 そして渕上から、「本当に嬉しく思っています。試写会で観させて頂いたんですけど、まだ観足りないことや、いろんなことが一瞬で過ぎてしまったので、何回も観たいと思える作品になっていると思います。これまで観て頂いているみなさんにも観ていただきたいですし、観たことがない方にも触れて頂きたいです。お話はここからより盛り上がっていくと信じていますので、よろしくお願いします!ありがとうございました!!」と、メッセージを寄せていた。

 ラストはガルパンイベントではおなじみのキャストも観客も全員で「パンツァー・フォー!」を叫んで締めくくった。

 『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』は全国59劇場にて上映中!

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

佐咲紗花

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

劇中カット

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも

劇中カット

渕上舞、茅野愛衣、尾崎真実、中上育実、井口裕香らがガルパン「最終章 第1話」初日舞台挨拶開催!5年経っても新規ファン獲得や幼児まで楽しむエピソードも